「森村泰昌: エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」

原美術館(東京)

poster for 「森村泰昌: エゴオブスクラ東京2020―さまよえるニッポンの私」

このイベントは終了しました。

*事前予約制(詳細は公式HPをご確認ください)

名画や映画の登場人物あるいは歴史上の人物に自らが扮するセルフポートレイト作品で知られる森村泰昌は、巧みなメイクや衣装で、時代や人種、性別を超えて様々な人物に自らが成り代わり、制作を通して原作やその背景に独自の解釈を加えてきました。
本展では、自らが脚本を手がけ自演する映像作品「エゴオブスクラ」と、この映像を用いて会期中開催される作家自身によるレクチャーパフォーマンスを通じて、作家は日本近現代史、文化史に言及します。戦前の教えが否定され日本人に広がった「空虚」、そこは西洋の価値観で埋められていきました。1951年、大阪に生まれた森村は、その時代の日本で教育を受けた個人的経験から、やがて「真理や価値や思想というものは(中略)いくらでも自由に着替えることができるのだ。」(映像作品「エゴオブスクラ」より)という発想を導きます。森村は耳慣れない言葉「エゴオブスクラ(Ego Obscura)」に「闇に包まれた曖昧な自我」という意味を込めました。愛情のみでは語りつくせない母国への複雑な感情をにじませながら、森村は「さまよえるニッポンの私」とは何かを模索します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2020年01月25日 ~ 2020年07月12日
事前予約制(詳細は公式HPをご確認ください)平日は11:00〜16:00開館 ※当面の間、平日の開館時間を短縮し、水曜の夜間開館は行いません。

アーティスト

森村泰昌

Facebook

Reviews

Art Beat News tablog review

3連休はアートを見よう。屋外彫刻展などTABおすすめ展覧会3選

3連休はゆっくりアート鑑賞を。TAB編集部おすすめの展覧会を3つ紹介

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援