「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」展

水戸芸術館現代美術センター

poster for 「大竹伸朗 ビル景 1978-2019」展

このイベントは終了しました。

大竹伸朗(1955-)は、1980年代初めにデビュー以降、絵画を中心に、印刷、音、写真や映像などの多彩な表現を展開し、その活動は、現代美術の世界だけでなく、文字やデザインなど、幅広いジャンルに影響を与えてきました。本展では、1970年代から現在までの約40年間にわたり、大竹が「ビル景」という絵画シリーズを描き続けていることに注目します。「ビル景」とは、現在の風景をそのまま描いたものではありません。大竹の中に記憶された、香港、ロンドン、東京といった様々な都市の、湿度や熱、騒音、匂い。それらがランダムにミックスされ、「ビル」という形を伴って描き出される仮想の風景です。今回、多数の未発表作品から最新作まで800点以上を調査し、ビルシリーズ全作品集の発行とあわせて、可能な限り展示することで、「ビル景」シリーズの全貌を明らかにします。デジタル技術全盛の現代において、一人のアーティストが数十年にわたり、自らの手で絵を描き、作り続けることの意味とは何か。本展を通じて感じてください。
[関連イベント]
1. 大竹伸朗 アーティスト・トーク+サイン会
日時: 7月13日(土)13:30~15:00(開場13:00) ※ただし、トークの終了時間は前後する場合がございます。
会場: みと文化交流プラザ 大会議室(6F)
定員: 200名(先着順・予約不要)
2. キュレータートーク
日時: 7月27日(土)、8月24日(土) 各日14:00~15:00
3. ウィークエンド・ギャラリートーク
日時: 7月28日(日)~10月6日(日) ※ただし8月10日(土)、24日(土)、9月14日(土)、15日(日)は除く。毎週土・日曜日 各日14:30~(約40分)
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年07月13日 ~ 2019年10月06日

アーティスト

大竹伸朗

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: August 2019

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援