「二人のカラリストの出会い デイヴィッド・ホックニー|福田平八郎」展

THE CLUB

poster for 「二人のカラリストの出会い デイヴィッド・ホックニー|福田平八郎」展
[画像: 左:デイヴィッド・ホックニー "Untitled No. 12" from "Yosemite Suite" / 右:福田平八郎 花菖蒲 © THE CLUB]

6日後終了

この度、THE CLUBはデイヴィッド・ホックニーと福田平八郎の二人展を開催いたします。
イギリスを代表する画家であるホックニーは、1971年に初めて来日した際に京都市美術館で開催されていた「京都日本画の精華展」を訪れ、福田平八郎の作品に出会いました。この展覧会には、福田の「漣」や「新雪」が出展されており、ホックニーは、その色使いや構図に圧倒され、ロンドンのテート・ギャラリーで福田の個展を開きたいとまで話していたそうです。また、ホックニーが日本を訪れた後に描いた「ウェザーシリーズ」の「雪」や「雨」、そして水の表現や風景画には、福田平八郎の影響を見てとることができます。
絶えず遊動し続ける水面や、波紋が放つきらめき。日向と日陰で変化するヴィヴィッドな色合い。国籍も時代も違う二人のアーティストが魅せられたもの、それは自然のリズムと彩り。
ホックニーと福田は共に、日常の情景をひたすらに描き続け、その大胆な色面構成によって、限り無く抽象に近い作品を生み出してきました。目の前に何があるのかではなく、どのような色があるのか。意識を物体から色彩へと向けることで、全く新しい世界が見えてくるのではないでしょうか。
本展覧会では、iPadを用いて描かれた、ホックニーの「The Yosemite Suite」シリーズを、「花菖蒲」をはじめとした福田の代表作品6点と共に展示致します。
二人の出会いを紹介するとともに、西洋と東洋を超えた今世紀を代表するカラリストの競演をお楽しみください。

メディア

スケジュール

2019年02月16日 ~ 2019年03月30日
16日は11:00〜14:30、2月25日・26日は休館

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで

アクセス

〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1
電話: 03-3575-5605

東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線銀座駅A3出口より徒歩2分、都営浅草線・東京メトロ日比谷線東銀座駅A1出口より徒歩3分、東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅9番出口より徒歩6分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: March 2019

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援