「日常を見限らない 匂いのワークショップ」ワークショップ、トークショー

世田谷文化生活情報センター生活工房

poster for 「日常を見限らない 匂いのワークショップ」ワークショップ、トークショー

このイベントは終了しました。

日常生活の中で見落とされた無数の出来事を、研究者やアーティストとともに五感を使って味わい直すワークショップ・シリーズ。 編集された世界を生きる私たちが初々しい日常と再会する日常のふとした瞬間に懐かしい匂いに出会い、過去の情景や感情などの記憶が鮮やかに蘇ってくることがあります。私たちが、日々感じたり・利用したりする匂いや香り。人間の嗅覚は、約400種の受容体で何万種類もの匂いを嗅ぎ分けることができます。しかし外部から得る情報の9割近くを視覚に頼るといわれる私たちは、無意識のうちに多くの情報を選択・省略し、編集しながら暮らしています。そこには、知覚しているにも関わらず省略している嗅覚情報が、無数にあるかもしれません。本企画は、研究者やアーティストと共に五感をフル活用し、生活の中で起こっていることと丁寧に向き合う方法を学び・体験することで、見落とされた無数の日常の出来事を味わい直すワークショップ・シリーズです。〈音〉と〈身体〉をテーマにした昨年に続き、今年は〈嗅覚〉から私たちの日常を捉え直します。本企画における匂いの体験を通して、いつも同じように映っていた日常が初々しく生まれ変わり、あなたと再会を果たすこととなれば幸いです。
※本企画は全行程にカメラが入り記録映像としてWEB上で後日公開します。
・トークイベント「われ匂う、ゆえにわれ在り?-匂いから捉える日常空間と記憶」
日時: 10月14日(月・祝)13:00~15:00
会場: ワークショップルームB
参加費: 500円
定員: 40名(申込先着)
講師:岩﨑陽子(嵯峨美術短期大学准教授)
・ワークショップ「匂いに気づく」/「匂いと記憶」
日時:10月22日(火・祝)「匂いに気づく」・11月4日(月・休)「匂いと記憶」 各日10:00~17:00(途中休憩あり)※2日完結
会場: ワークショップルームAB
参加費: 2,000円[2日分]
定員: 20 名[申込先着]
対象: 高校生以上で両日参加できる方
講師: 井上尚子(美術作家)
※イベント詳細・お申し込み方法は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年10月14日 ~ 2019年11月04日
10月14日・22日・11月4日の3日間のみ開催

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援