横浜美術館開館30周年記念/横浜開港160周年記念 「絵でたどるペリー来航」

横浜美術館

poster for 横浜美術館開館30周年記念/横浜開港160周年記念 「絵でたどるペリー来航」
[画像: 伝 ペーター・B.W. ハイネ「ペルリ提督横浜上陸の図」(部分) (1854年以降) 油彩、カンヴァス 53.3×80.5cm 横浜美術館蔵(原範行氏・原會津子氏寄贈)]

このイベントは終了しました。

小さな横浜村にペリー艦隊の一行が上陸した場面《ペルリ提督横浜上陸の図》は、横浜開港につながる歴史的瞬間を描いた作品として、これまで横浜美術館のコレクション展においてもしばしば展示されてきました。国際都市・横浜のはじまりの物語として、開港160周年を機に取り上げるにふさわしい作品です。
本展では、石版画、水彩画、油彩画という異なるメディアで同じイメージを描いた作品群と遠征記の記述などを比較し、写真と絵画といった視覚メディアが、どのように関連しあいながらペリーの日本遠征にかかる一連の記録画と記述を生み出していったかを検証します。 エデュケーター(教育普及担当)の企画した本展では、当時の横浜に想像を巡らせていただくような工夫として、さまざまな教育プログラムの実施や、展示室でのボランティアによるトークなども開催します。
1854年3月8日の出来事が、演劇の場面のように細密に描かれた《ペルリ提督横浜上陸の図》は、ハイネが描いたとされています。ハイネはペリーが率いるアメリカの東インド艦隊の随行画家であり、描かれた図像はペリーの『日本遠征記』の挿絵として多数用いられています。
ハイネとともにエリファレット・ブラウン・ジュニアも画家・写真家として随行していましたが、当時の写真はダゲレオタイプ等であったため、露光時間が長く、上陸の瞬間を撮影することは不可能であったと考えられます。
ペリーが来航した当時、絵画は記録メディアの中心にあり、石版画は複製技術や出版文化と結びついて展開していた新しいメディアでした。
一方で、1854年3月8日を日本人はどのように目撃したのでしょう?さまざまな日本人によって描かれたペリー提督や乗組員たち、ペリー艦隊の絵を対比的に展示します。ここから当時の日本人の探究心や生き生きとした好奇心などを見て取ることができるでしょう。
会場: 横浜美術館アートギャラリー1

メディア

スケジュール

2019年09月21日 ~ 2019年11月10日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援