Stephen Gill 「Nobody Pavilion」

POST / limArt

poster for Stephen Gill 「Nobody Pavilion」

このイベントは終了しました。

スティーブン・ギルは、イギリス出身の写真家で、現在はスウェーデンを拠点に活動しています。当時拠点としていたイーストロンドンの空気感をイメージに取り入れるために、撮影した場所で見つけた蟻や植物、ガラス片などをカメラの中に入れて撮影したり、写真のネガを現像する際、休むことを許されない都市生活者の姿を投影したというエナジードリンクの中に浸したりと、そのアイディアは実験的でありながら、最終的に美しいイメージに昇華させます。本作りにおいても、型にはまらない自由な発想を持つギルは、2005年にはインディペンデント出版ブームに先駆け、出版社Nobody Books(ノーバディ・ブックス)を設立しました。出版後の流通や販売もすべて自身で行い、どこまでもインディペンデントな姿勢を貫いています。Nobody Booksとして世界各国のアートブックフェアにも積極的に参加し、ギル自身が本やプリントをたくさん詰めた重たいスーツケースを運び、DIY精神が詰まった一際目を引くブースを作って写真集を販売してきました。去る7月に開催されたTOKYO ART BOOK FAIR (TABF) 2019で、Nobody Booksブースのレプリカをインスタレーションとして展開するために、スウェーデンから写真集を含む展示作品一式を発送したところ、その荷物が途中で紛失してしまい“ノーバディ(誰もいない)・パビリオン”となってしまいました。奇跡的にフェア2日目に荷物が届き、ギルを一躍有名にした初期の代表作『Hackney Wick』、本を土の中に埋めて敢えて泥まみれにした『Buried』や、トリニダード・ドバコへの旅の印象を表現するために全ページをシュレッターにかけた『Trinidad 44 Photographs』、今年のアルル国際写真祭で写真集アワードを受賞した『The Pillar』など、これまでギルが手がけた写真集が一堂に揃い、手にとってご覧いただける貴重な機会となりました。今回POSTで開催される展覧会では、何もない状態のパビリオンしかご覧いただけなかった方や、まだパビリオンをご覧になっていない方たちのために、TABF2019での「Nobody Pavilion」を再現いたします。また、会場ではNobody Booksより刊行された書籍や、雑誌IMAのVol.28「スティーブン・ギルのすべて」の販売も行います。一切の妥協なく作られたユニークな写真集で、多くのアーティストや出版社に影響を与えてきたNobody Booksの世界観をぜひお楽しみください。

メディア

スケジュール

2019年08月24日 ~ 2019年09月29日

アーティスト

Stephen Gill

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援