「若手支援プロジェクト vol.9 edge」

いりや画廊

poster for 「若手支援プロジェクト vol.9  edge」

このイベントは終了しました。

いりや画廊若手支援プロジェクトは9回目を迎えます。今展ではコードなど身近な素材を編むかねこさとこ、布を支持体に心象化して行く現実の光景や自然を描く菊地綾子、軽やかに心象風景を描き出すシバミノル、柔らかなコンクリートと硬い鉄を組み合わせた立体を制作する瀬川怜、石で人体や日用品を彫る新妻篤、そして人や物事のかかわりを、素材との対話の中で模索していく吉田結美、六名の作品を発表致します。展覧会を通して、毎回様々な問題提起をする彫刻家荒木美由による8回目の企画です。“端”や“研ぐ”が一般的ですが、“瀬戸際”“少しずつ進む”“ジワジワと進む”という意味でも使われる今展覧会のテーマ“edge”。作家にとってこだわりを追求する為の試行錯誤は制作時間の重要な一片でありながら、その一片が作品にうまく反映されないことが多々あります。心に残る作品、感動する作品、そして作家が満足する作品にまで到達するまで試行錯誤の”edge”は、その意味のごとく“研ぎ澄まされる”だけではなく、同時にもう一方の“edge”(瀬戸際・少しずつ進む・ジワジワと進む)を経て完成にたどり着きます。それぞれの作家の”edge”は見る側の想像をはるかに超えた試行錯誤の結果としてのたどり着いた表現方法です。それは、私たちが生きていく上で大変必要な行為であり、それを感じていただくことで、皆様の今年の良き一年の始まりにとの思いを込めて企画いたしました。

メディア

スケジュール

2019年01月09日 ~ 2019年01月19日

オープニングパーティー 2019年01月12日17:00 から 19:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援