ヴァーツラフ・シュライフ 「東京で解き放たれて」

チェコセンター東京

poster for ヴァーツラフ・シュライフ 「東京で解き放たれて」
[画像: ヴァーツラフ・シュライフ]

20日後終了
本日(土曜日)休館

漫画家、画家、イラストレーターとして活動するチェコ人アーティスト、ヴァーツラフ・シュライフの絵画展を渋谷区広尾のチェコセンター東京にて開催いたします。シュライフは昨年、約半年間にわたり武蔵野美術大学で研究制作を行いました。その際、日本の伝統文化や生活からインスピレーションを受け、多くの作品を描きました。今回はその中から、大小さまざまな作品を展示いたします。
2010年にチェコの権威ある漫画賞「ムリエル賞」を受賞し、風刺の眼を持つ鋭い作風の作家として知られるシュライフは、初めて大きな絵画作品の制作に挑戦しました。チェコの大学で教鞭をとる傍ら、オスカー映画監督であるヤン・スヴェラーク氏とも仕事をするなど、多方面で活躍する気鋭の作家が日本で描いた作品を、ぜひご覧ください。
[関連イベント]
展示オープニング・作家トーク&交流会
日時: 2019年2月8日(金)19:00~
会場: チェコセンター東京
※要予約。詳細は公式ホームページをご確認ください。

メディア

スケジュール

2019年02月08日 ~ 2019年03月15日
火曜日・木曜日は19:00まで開館

オープニングパーティー 2019年02月08日19:00 から 21:00 まで

入場料

無料

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
土曜・日曜・祝祭日休館
チェコの祝日は休館

アクセス

〒150-0012 東京都渋谷区広尾2-16-14(チェコ共和国大使館内)
電話: 03-3400-8129 ファックス: 03-3400-8186

東京メトロ日比谷線広尾駅より徒歩10分、 JR恵比寿駅より徒歩20分 

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援