「山口小夜子×横須賀功光 コラボ展」

エモン・フォトギャラリー

poster for 「山口小夜子×横須賀功光 コラボ展」

このイベントは終了しました。

この度エモン・フォトギャラリーは、『山口小夜子×横須賀功光コラボ展』と題して展覧会を開催する運びとなりました。本展は、言わずと知れた日本を代表するモデル・山口小夜子と、その世界観を支えて名コンビを誇った写真家・横須賀功光の共同作品を集めて展覧するものです。山口小夜子は横浜生まれ。23才でアジア人で初めてパリコレのランウェイに立って脚光を浴び、米雑誌ニューズウィークの「世界の6人のトップモデル」に選ばれた世界的ファッションモデル。73年に資生堂との専属契約を交わし、それがきっかけとなって小夜子と横須賀は出会います。資生堂のシンボルとしてセルジュ・ルタンスらと共に広告史に残る名作品を多数発表。アドバタイジングを起点としながらその枠を越え、ファッションフォト、シリアスフォトを先駆していきました。服飾を様々な角度から再解釈したウェアリスト・山口小夜子。そしてその表現には、写真家・横須賀功光は欠くことができない存在だったのです。小夜子は同じ横浜で生まれ育った横須賀について、このような言葉を残しています。『横須賀さんはつねに空間に漂う「気配」を求めていたように思います。山口小夜子という存在がふっと消えて、光と影のなかで余韻だけが残るような瞬間、その時にシャッターを切る音がしました。被写体の裏側にあるものを、ずっと追っていたのだろうと思います。』(「光と鬼・横須賀功光の写真魔術」より)本展は、『小夜子』(1984)、『月 小夜子・山海塾』(1986年)、また『ヴォーグ』イタリア版(1979)、『流行通信』(1981)に掲載されたフォトセッション他、ソラリゼーションビンテージプリントを交えて展覧。また小夜子の身体を石膏で写し取った横須賀ディレクションによる彫刻作品も展示致します。ひとりの写真家が見つめ続けた小夜子というミューズ。そして生涯をかけて心眼を冷徹に磨き、美の探求に挑んだ山口小夜子と横須賀巧光の軌跡の一端をご覧いただきます。

メディア

スケジュール

2019年08月30日 ~ 2019年10月12日

アーティスト

横須賀功光

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援