石川卓磨 「小説の中の私」

TALION GALLERY

poster for 石川卓磨 「小説の中の私」
[画像: 石川卓磨 | ある小説家の構想 | 2005 | 発色現像方式印画 | 20.3 × 25.4 cm]

このイベントは終了しました。

石川卓磨は、写真や映像という媒体を批評的に捉え直しながら、フィクションとノンフィクションが浸潤し合う特殊な造形メディアとしてのカメラの可能性を掘り起こし、絵画、写真、映画という制度化されたジャンルの間隙を縫うかのような自らの写真作品や映像作品を発表してきました。近年は、一眼レフカメラの高速連写によって撮影した多量の写真を編集して制作した、一連の映像作品などで知られています。今回の個展では、2005年に石川が制作した写真作品『ある小説家の構想』の続編として、映像インスタレーション『小説の中の私』が発表されます。当時未発表となった『ある小説家の構想』は物語性のある一連の写真で構成され、東京湾岸エリアで小説家が取材を行っている状況を作品化したものであり、風景のドキュメンタリーと、「小説の構想」という目には見えないフィクションの関係で成り立っています。今回の『小説の中の私』では、2018年に三島由紀夫賞を受賞した小説家の古谷田奈月が、『ある小説家の構想』に引き続いて「小説家」役で出演を予定しています。

メディア

スケジュール

2019年10月12日 ~ 2019年11月10日

オープニングパーティー 2019年10月12日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

石川卓磨

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援