市川孝典 「TV」

ナディッフ アパート

poster for 市川孝典 「TV」
[画像: kosuke Ichikawa untitled(noise),2018,1260mmx852mm,Ink,acrylic,watercolor and pastel on paper mounted on black wood frame ©2018 Kosuke Ichikawa All Right Reserved.]

8日後終了

NADiff Galleryでは、市川孝典による約6年ぶり、3度目の個展「TV」を開催いたします。アーティストの市川孝典は、13歳の時に鳶職で貯めたお金をもってアメリカ・ニューヨークに単身渡航しました。アメリカやヨーロッパ各地を遍歴する間に絵画と出会い、その後様々な表現方法を用いて、独学で作品制作をスタートさせます。様々なアーティストたちとの交流を通して、音楽や映像など、表現の垣根も超えた活動で表現方法の幅を広げ、アカデミックな美術教育は通過せずに、独学で「美」と「術」を研鑽してきたアーティストです。市川は、作品制作の初期より「記憶」というテーマで制作を行ってきました。自身が幼少時に見た風景、時を刻む時計の盤面、SNSの画像をロード中のタブレット端末のディスプレイ、テレビ画面上のノイズなど、人々に潜在する「記憶」にアクセスする風景を収集し、それらの場面を映し出す絵画を描き続けています。市川の作品が広まるきっかけとなったのが、多様な線香を太さや温度で使い分け、紙に焦げ目をつけながら描く単色の「線香画」の確立でした。絵画を線香で焼いて、焦がして、描いていくという自身が生み出した制作手法は、「記憶」という儚くおぼろげなテーマとも合致し、強靭さと繊細さを併せ持つ唯一無二の絵画世界を構築しました。近年では、インクやパステルで描画し、絵画表面を電動ヤスリで削り落としてさらに彩色を施すといった独自の描画手法を編み出し、モノクロームからカラーの時代に移行しています。本展では、注目を集める市川孝典による、新たな新作絵画群を本展でお披露目いたします。写真美術館主催の第11回 恵比寿映像祭(2月8日[金]−2月24日[日])の地域連携プログラムの参加企画となります。会期中に開催される恵比寿映像祭の催しとあわせて、是非ご期待下さい。

メディア

スケジュール

2019年02月07日 ~ 2019年03月03日

オープニングパーティー 2019年02月08日19:00 から 20:30 まで

アーティスト

市川孝典

ホームページ

http://www.nadiff.com/?p=12579

入場料

無料

アートスペースの開館時間

12:00から20:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館

アクセス

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
電話: 03-3446-4977 ファックス: 03-3446-4978

JR山手線・東京メトロ日比谷線恵比寿駅東口より徒歩6分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援