高木公史 「プレゼンス・存在 等身大以上で描かれた鉛筆 - 油彩細密画の世界 - 」

池田20世紀美術館

このイベントは終了しました。

東京藝術大学を卒業後ドイツに渡り、以来30余年ドイツ、スペインを中心に高く評価されました。日本では2017年に永井画廊で、実質テビュー展を開催、大きな話題となり、池田20世紀美術館での個展へと展開しました。深い洞察と鋭いデッサン力から生まれる鉛筆、油彩による肖像画、人物画、風景画はすでに日本でも多くのファンの心を掴んでいます。

メディア

スケジュール

2019年06月27日 ~ 2019年10月15日

アーティスト

高木公史

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援