佐藤信太郎 「The Origin of Tokyo」

PGI

poster for 佐藤信太郎 「The Origin of Tokyo」
[画像: ©SATO Shintaro, Courtesy of PGI]

22日後終了

佐藤信太郎は、歓楽街の様相を捉えた約20年前の「夜光」から、非常階段の上から俯瞰してみる東京「非常階段東京」と、スカイツリーができることで変わっていく土地の歴史を見つめた「東京|天空樹 Risen in the East」と、常に、生き物のように変化し続ける都市を記録する作品を制作しています。目に見える都市の変化をただ記録するのではなく、土地の持つ歴史や記憶と、人間の営みが交差して立ち現れる、特有の雰囲気(ゲニウス・ロキ、地霊)を写真で表現することが、佐藤の作品制作の根底にあるテーマです。2020年のオリンピックを控え、新たな開発、建設が目の前で進んでいます。本作では、変化の激しい東京の中でも、その土地のかつての面影を残す皇居周辺が題材になっています。徳川家康は、鬼門、裏鬼門など、中国から伝わった宗教的な思想に倣い、江戸という都市を設計しました。佐藤は、現代の生活からは縁遠いそうした考え方が基となり、その上に現代の都市東京が成り立っていること、日々が営まれていることに、眩暈がするような不思議な感動を覚えたと話しています。空気の澄んだ冬の黄昏時に撮影しています。周囲の夜景と対照的に黒々と在る皇居の木々や、はるか遠方の富士のシルエットから、都市の下にある自然の存在がありありと見えてくるようです。本展ではアーカイバルピグメントプリント約5点を展示いたします。

メディア

スケジュール

2019年02月27日 ~ 2019年04月13日

アーティスト

佐藤信太郎

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
土曜日は18:00まで
日曜・祝祭日休館

アクセス

〒106-0044 東京都港区東麻布2-3-4 TKBビル3F
電話: 03-5114-7935 ファックス: 03-5114-7936

都営大江戸線赤羽橋駅中之橋口より徒歩4分、東京メトロ南北線・都営大江戸線麻布十番駅6番出口より徒歩8分、東京メトロ日比谷線神谷町駅1番出口より徒歩8分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援