高波壮太郎 「Ambivalence」

新宿髙島屋 10階 美術画廊

poster for 高波壮太郎 「Ambivalence」
[画像: 高波壮太郎 悲しみを知って宇宙を知る (53.0×65.2㎝、油彩)]

このイベントは終了しました。

このたび新宿高島屋では5回目となる「高波壮太郎展―Ambivalence―」を開催いたします。高島屋では各店にて個展を開催され、特に大阪店では1989年以来、連続30回を迎える記念展となりました。高波先生は1949年東京都に生まれ、1973年多摩美術大学油彩科を卒業。在学中より中本達也氏に師事され、多摩美術大学入学時より続く描くことに対する凄まじいまでの姿勢と鋭い洞察力から生まれる作品は、見るものを圧倒します。また、横綱白鵬関の化粧まわし原画を描くなど、力強い作画、迫力に満ちた厚塗りの画面には定評があります。先生は昨年(2018年)、無彩色の作品やコラージュを発表され、新しい境地を開拓されました。今展では、その新しい世界を追求した静けさ、ノスタルジックな穏やかさと、依然継続して作家の作品の根幹をなす野性味あふれる激しさの両極の世界を展開していただきます。

メディア

スケジュール

2019年10月16日 ~ 2019年10月28日

アーティスト

高波壮太郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援