クラウディア・ペニャ・サリナス 「Atlpan」

THE CLUB

poster for クラウディア・ペニャ・サリナス 「Atlpan」
[画像: Claudia Peña Salinas, Tlaloque East, 61× 61× 61 cm, 2018 Courtesy of the artist]

このイベントは終了しました。

この度、THE CLUBはメキシコ生まれの女性アーティスト、クラウディア・ペニャ・サリナスの個展「Atlpan」を開催いたします。ニューヨークを拠点に活動する彼女の作品は、ホイットニー美術館にも収蔵されています。ぺニャ・サリナスは、本展の為に、長野で約一ヶ月の滞在製作を行い、メキシコの自然や神話をモチーフにした作品と、日本からインスピレーションを受けた作品を発表します。アジア初個展となる本展は、メディアスカルプチャーをはじめとした、インスタレーションやビデオを組み合わせた作品で構成され、見る者を詩的な空間に誘います。
展示のタイトル「Atlpan」は、ナワトル語※ で水を意味する「atl」と、何かの中にあることや何かに接していることを意味する接頭語「pan」を組み合わせたものです。天上から吊るされ空間を仕切る、日本の障子を思わせる作品や、メキシコの神話を紡ぐ言葉をテーマにした映像作品をご紹介します。
※ナワトル語:北米やメキシコのいわゆるインディアンによって最も広く話されていた言語。

メディア

スケジュール

2019年09月07日 ~ 2019年11月08日

オープニングパーティー 2019年09月07日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援