「恐竜博2019」

国立科学博物館

poster for 「恐竜博2019」

22日後終了

アメリカで発見された新種の肉食恐竜に、1969年、「恐ろしいツメ」を意味するデイノニクスという名前がつけられました。このデイノニクスから、恐竜研究の新しい時代が始まったといわれています。本展では、その後めざましく発展した恐竜学の50年の歩み、そして最前線を展望します。モンゴル・ゴビ砂漠で発見され、約40年間、謎の恐竜とされてきたデイノケイルスの全身骨格を世界で初めて公開。日本でも、北海道・むかわ町で大型恐竜の全身の約8割もの骨が発見され、大きな話題となりました。今回は、その全身実物化石と全身骨格を地元むかわ町以外で初公開します。抱卵や子育て、色、性別、絶滅の謎......。生き物としての理解が深まり、恐竜学は日々確実に生物学に近づき、進歩しています。2019年の夏、恐竜研究の最新成果を会場でご覧ください。

メディア

スケジュール

2019年07月13日 ~ 2019年10月14日

ホームページ

https://dino2019.jp/

入場料

一般・大学生 1600円、高校生・中学生・小学生 600円

アートスペースの開館時間

9:00から17:00まで
金曜日は20:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館。年末年始休館。常設展は土曜日は20:00まで開館

アクセス

〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
電話: 03-5777-8600

JR上野駅公園口より徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援