ケネス・アンガー 「アイコニック・メモリ」

スクールデレック芸術社会学研究所

poster for ケネス・アンガー 「アイコニック・メモリ」

10日後終了

神話的アンダーグラウンド・カルチャーの旗手として活躍した映画監督ケネス・アンガーは、映画「マジック・ランタン・サイクル」に収められている9編の短編映画「スコピオ・ライジング」などのシークェンスを自ら写真作品化することによって「夢」や「魔術」、「エロス」、「暴力」などで彩られた映像的記憶(アイコニック・メモリー)を再構築し、時代のアイコンとして提示した。このようにアイコン化されたイメージは、今なお現代の実験映画や現代美術に大きな影響を及ぼしている。本展覧会では、映画「マジック・ランタン・サイクル」から「ルシファー・ライジング」や「快楽殿の創造」、「プース・モーメント」、「ラビッツ・ムーン」、「花火」などの各映像シークエンスをアンガー自ら写真作品として制作し展覧することとなる。

メディア

スケジュール

2019年02月01日 ~ 2019年03月03日
金曜日・土曜日・日曜日の12:00〜20:00開館

アーティスト

ケネス・アンガー

入場料

無料

アートスペースの開館時間


イベントにより異なる

アクセス

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 2F

JR山手線・東京メトロ日比谷線恵比寿駅東口より徒歩6分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援