秋吉風人 + 田中和人 「あれか、これか」

KAYOKOYUKI

poster for 秋吉風人 + 田中和人 「あれか、これか」

このイベントは終了しました。

このたびKAYOKOYUKIでは、秋吉風人と田中和人によるグループショー「あれか、これか」を開催いたします。本展覧会は、秋吉と田中が近年展開しているシリーズで構成されています。

秋吉風人の2枚つなぎのキャンバスに絵を描き、複数点完成したところで分解し、その1/2を、別の1/2とつなぎあわせて、新しく2枚つなぎのキャンヴァスに仕立て完成させたシリーズ。そこには、主語としての絵画の独立性・単一性を引き裂き、絵画の集団性・社会性が現出しています。それは、社会における人間存在のメタファーともなり、個人と個人、個人と社会の関係性を映し出しているのです。
田中和人の抽象絵画の歴史を視野に入れて描いたペインティングの上に様々な色に露光した写真(印画紙)を貼ることで構成される「PP」シリーズ。その構成は十分に時間をかけて考慮されたもので、繊細な印画作業による「写真」と即興性を帯びた「絵画」を、それぞれのメディウムやプロセスを維持しながら、ひとつのイメージへと統合させることで、両者が逆転と回復を繰り返し、同時に互いを解体していくことを試みています。

これまで彼らが続けてきた制作の歴史を考えたとき、これらのシリーズは、その歴史を自ら解体しているという点で重要な意味を持っていると思われます。

秋吉は、これまでルールや偶発性の導入、多様な技法の混合、制作過程の可視化、物質性の強調といった手法を用いながら、絵画を絵画たらしめるものとは何かを問い続けてきました。
田中は、絵画と写真の関係性を軸としながら、様々な角度から写真による新しい抽象表現の可能性を試みており、そこには「絵画を見る」という経験を写真によって認識するという姿勢が貫かれていました。

そこには、すでに失われかけている「絵画」を純粋に自立したものとする近代的価値観への信頼あるいは思慕が前提にあるように思えます。しかし、近年の彼らのシリーズには「1枚の絵画」という概念の完全性・独立性を解体し、不完全なもの、遍在的で複数的なものへと切り開いていこうとする意思が読み取れるのです。
「絵画」とは何か?「写真」とは何か?という根源的な問題を常に問い続ける2人の新たな地平をぜひご覧ください。

メディア

スケジュール

2020年07月04日 ~ 2020年08月02日
開館時間 12:00〜17:00、月曜日・火曜日・水曜日・祝日は休館

アーティスト

秋吉風人田中和人

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援