東松照明 「プラスチックス」

MISA SHIN GALLERY

poster for 東松照明 「プラスチックス」
[画像: Tomatsu Shomei, Plastics, Kujukuri Beach, Chiba, 1987-89 (Printed in 1996), 36.5 x 34.5 cm (14.3 x 13.5 in), C print]

このイベントは終了しました。

*新型コロナウィルス感染拡大の影響を考慮し、MISA SHIN GALLERYは4月1日(水)から当面の間、閉廊とさせていただきます。
*東京都からの今週末の外出自粛要請を受け、MISA SHIN GALLERYは3月28日(土)を休廊とさせていただきます。

東松照明は1930年名古屋生まれ、1960年代初頭から米軍基地や長崎など最も社会的な対象をテーマとし、戦後の日本を見つめ続けた日本を代表する写真家の一人です。

東松は、60年代末にアメリカ占領下の沖縄に滞在して以来、同地を撮影した写真集『太陽の鉛筆』(1975年)を境に作品制作をモノクロームからカラーへと転換します。それらのカラー写真は、それまでのモノクロ写真に宿っていたアメリカが影を潜めて、本来の輝きを取り戻すかのごとくに息づきはじめます。

1986年に心臓のバイパス手術を受けた東松は、療養のため東京を離れ千葉の一宮町に転居します。重いカメラをもって撮影することがままならなくなった東松は、近くの九十九里浜に打ち上げられたプラスチックの漂着ゴミを撮影し始めます。

波に揉まれてなお鮮やかな色をとどめるプラチックボトル、砂に埋もれた手袋やポリ袋、もげた人形の手。これら戦後の環境汚染の残骸は、波が引いた後のしっとり濡れた砂紋の上に緻密に構成され、黄昏の薄光の下撮影された作品は、ゴミがあたかも永遠の命を与えられた静物画のような荘厳さを放ちます。

その構成は、1960年代の変貌しつつある都市、東京の路面に埋め込められた釘や鉄くずが宇宙的な深淵のように見える「アスファルト」を彷彿させ、海と陸、都市と文明、過去と未来、自然と人工物といったさまざまなインターフェイスを行き来する事象として存在します。

これまで日本で紹介される機会の少なかった12点のカラー写真から構成される、東松照明の「プラスチックス」、どうぞご高覧ください。

メディア

スケジュール

2020年02月28日 ~ 2020年04月18日
3月28日は休館

アーティスト

東松照明

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援