「1894 Visions ルドン、ロートレック展」

三菱一号館美術館

poster for 「1894 Visions ルドン、ロートレック展」

このイベントは終了しました。

開館10周年の最後を飾る本展覧会は、丸の内初のオフィスビルとして三菱一号館が竣工した年、「1894年」を軸に、当館のコレクションの中核をなす画家である、ルドンとトゥールーズ=ロートレックの時代に焦点を当てます。
1894年はルドンが色彩の作品を初めて発表した年であり、ロートレック、ルドン、ゴーガンが参加した『レスタンプ・オリジナル』の刊行年(1893-95)とも重なります。一方、同時代の日本では、フランスへ留学し、ルドンと同じ師のもとで学んだ山本芳翠が、代表作《浦島》を制作した時代でもありました。日本の洋画家と欧州の美術史の関係にも着目します。
本展は岐阜県美術館との共同企画であり、同館が誇る世界有数のルドン・コレクションから貴重な木炭とパステル画、ゴーガンの多色刷りの木版画を中心とした作品群、山本芳翠をはじめとする明治洋画の旗手たちの作品を出品します。国内外あわせて、常時約120点を展示します。※前後期展示替えあり

メディア

スケジュール

2020年10月24日 ~ 2021年01月17日
11月24日・25日・12月31日・2021年1月1日は休館、10月26日・11月30日・12月28日・2021年1月4日は開館

Facebook

Reviews

Alma Reyes tablog review

Post-Impressionism Visions from West to East

"1894 Visions: Odilon Redon and Henri de Toulouse-Lautrec" at Mitsubishi Ichigokan Museum, Tokyo

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援