「唐津焼十二人展 - 唐津の本質に帰る - 」

柿傳ギャラリー

このイベントは終了しました。

唐津焼作家展も、今回で第6回を迎えます。「グループ展でなければ出来ないことをしょう」という呼び掛けではじまりました。この展覧会の特徴は、参加者が共通のテーマで作品を制作することで、第6回展のテーマは「唐津の本質に帰る」です。空海の「還源(げんげん)」という言葉に触発されて、源に還る、本源に還るという話から、「唐津の本質とはなにか」ということを作家たちに問いかけてみました。
展示アーティスト: 竹花正弘、田中佐次郎、中里太亀、十四代 中里太郎右衛門、濱崎節生、藤ノ木土平、安永頼山、矢野直人、吉野敬子
[関連イベント]
特別記念茶会「カラツ」
日時: 2月16日(日)11:00〜と14:00〜のみ空席
席主: 田中佐次郎
場所: 新宿 京懐石 柿傳(東京都新宿区新宿3-37-11 安与ビル)
会費: 5,000円(税込)
服装: 自由
※お申し込み方法は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2020年02月14日 ~ 2020年02月20日

アーティスト

岡本作礼梶原靖元川上清美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援