坂本龍一 + 高谷史郎 「LIFE – fluid, invisible, inaudible …」

「生」という主題に迫るアナロジーとしてのインスタレーション

poster for Ryuichi Sakamoto x Shiro Takatani

坂本龍一 + 高谷史郎 「LIFE - fluid, invisible, inaudible...」

新宿エリアにある
NTTインターコミュニケーション・センターにて
このイベントは終了しました。 - (2007-09-15 - 2007-11-04)

In レビュー by Futoshi Hoshino 2007-10-12

坂本龍一+高谷史郎《LIFE - fluid, invisible, inaudible ...》/SAKAMOTO Ryuichi + TAKATANI Shiro《LIFE - fluid, invisible, inaudible ...》 現在ICCで展示中の《LIFE – fluid, invisible, inaudible …》(以下《LIFE-fii》)は、坂本龍一と高谷史郎による最新のコラボレーション・ワークである。両者の知名度に比してあまり知られていないこの二人の共同作業は、1999年に初演された坂本龍一によるオペラ《LIFE》以来じつに8年にも及んでいる。特に、2005年に開催された法然院でのライヴ、および京都造形芸術大学で行われたスーザン・ソンタグの追悼ライヴは、いまだに多くの人々が記憶にとどめていることだろう。前記のオペラ《LIFE》で用いられていた映像と音響を再構築して生み出された今回のインスタレーションは、山口情報芸術センター(YCAM)の委嘱によって本年3月に制作・発表され、YCAMとICCの尽力によりこのたび東京に巡回する運びとなった。

《fluid, invisible, inaudible …》という副題をもつこのインスタレーションは、1.2m四方,30cmの嵩をもつ9個の水槽と、それらに付随するプロジェクターおよびスピーカーによって構成されている。とはいえこのような即物的な表現は、この作品の実像を把握する上であまりふさわしいものではないかもしれない。というのも実際にこの作品の中に身を置いた鑑賞者は、むしろこれを数十m四方の巨大なインスタレーションとして体感するだろうからだ。

そうした空間的なダイナミズムをともなう経験は、本インスタレーションの極めて巧みに計算された構造によって可能になっている。まず、前述の9個の水槽は3×3のグリッド状に配置され、フロアから2.4mの高さになるように天井から吊り下げられている。さらに、これらの水槽には天井から映像が投影され、それが水槽と足元の双方に映し出される。鑑賞者の上方/下方にある映像は、水槽内の水や人工の霧のために決して完全な像を結ぶことはなく、それぞれがつねにブレやボケをともなった曖昧なものとして立ち現れてくるだろう。つまり基本的な空間構造だけを取り出してみるならば、《LIFE-fii》においてはグリッド状に配置された水槽が水平方向のダイナズムを確保する一方、上方からの映像の投射がそこに垂直方向のダイナミズムをつけ加えている、という図式的な説明をさしあたり施すことができる。

以上のようなこの作品の基本構造は、その空間を共有している鑑賞者たちにある興味深い「習性」を付与することになる。まず、水槽付近の鑑賞者たちの視線はつねに上方と下方のあいだを往復し、時に別の水槽にも注がれる。そして、ひととおり水槽の付近を視線に収めた鑑賞者たちは、おもむろに展示空間の片隅へと赴き、そこからグリッド状に配置された水槽を一望に収めようとする。また、立つ、座る、寝転がる、といった鑑賞者たちのさまざまな姿勢にも、この作品の空間性が極めて兆候的な仕方で反映されるといえるだろう。

(左より)坂本龍一+高谷史郎《LIFE - fluid, invisible, inaudible ...》/(from left to right)SAKAMOTO Ryuichi + TAKATANI Shiro《LIFE - fluid, invisible, inaudible ...》ではこうした空間の中で、映像と音響は具体的にどのような仕方で配置されているのだろうか。まず重要なことは、《LIFE-fii》を構成するすべての映像と音響は、あらかじめ用意された数十のデータの中からランダムに呼び出されたものであるということだ。もちろん、9つの水槽とそれに付随するプロジェクター/スピーカーからは、それぞれ異なった映像と音響がアウトプットされる。したがって、通常の映像/音響インスタレーションにおいてありがちな「ループ」という現象が、《LIFE-fii》においては決して起こらない。そして逆説的なことに、あらかじめ用意された有限なデータによって構成されているこの《LIFE-fii》という作品は、そのランダムな配置によって結果的に決して閉じることのない無限の流動性を保持することになるのだ。

さらにこの作品の映像/音響的な特徴として、あまりにも自明のことであるがゆえに見逃してしまいがちな、しかし重要な事実がある。それは、この9つの水槽の周囲で生成している映像と音響のすべてを、鑑賞者は「同時に知覚することができない」という事実である。ある水槽の付近にいる鑑賞者は、別の水槽付近の映像と音響をおぼろげにしか感受できず、《LIFE-fii》全体を俯瞰的に把握しようとする鑑賞者は、個々の水槽付近で生起している映像と音響を混濁した状態でしか享受することができない。

つまりこの作品は、すべてを俯瞰する「理想的な位置」をもっていない。より正確に言えば、そうした絶対的な位置を拒絶しているようにすら感じられる。《LIFE-fii》の映像と音響がリニアな構造をもたないランダムなものであるのと同様に、この作品の鑑賞者が占める位置に空間的なヒエラルキーは存在しない。とはいえそれは、各々が占める「単なる位置(just a place)」を、安易に「正しい位置(a just place)」として肯定するような素朴な思想に還元しうるものではないだろう。

(左より)坂本龍一+高谷史郎《LIFE - fluid, invisible, inaudible ...》/(from left to right)SAKAMOTO Ryuichi + TAKATANI Shiro《LIFE - fluid, invisible, inaudible ...》この《LIFE-fii》がある「理想的な位置」を周到に回避しているという事実は、同作品が「対象」的というよりもむしろ「環境」的な性格をもっていることと無縁ではない。この「環境」の中に住まう鑑賞者たちは、作品と同一化したり、それを我有化したりすることができないようにあらかじめ定められている。ひとつ例をあげよう。仮にあるひとりの鑑賞者が映像と音響を自分ひとりのものにするべく水槽の下に身を滑らせた場合、フロアに投影された映像はみずからの身体によって瞬く間に遮られてしまう。これは、絵画や写真の展示などにおいてある作品の前にいる鑑賞者が別の鑑賞者の視線をさえぎるという事態とはやや意味合いを異にしている。というのも、上記の例をはじめ《LIFE-fii》における鑑賞者の存在は、別の鑑賞者にとってのたんなる障害物ではなく、むしろその作品と相関関係にある対象の一部と見なされるだろうからだ。

こうした点からもうかがえるように、このインスタレーションはある一人の「理想的な位置」のために作られているのではない。実際の自然環境に住まう諸々の生命体と同じく、《LIFE-fii》の中にいる鑑賞者たちはそれぞれが互いの立ち「位置」をつよく意識せざるをえない。そのような意味でこの《LIFE-fii》という作品は、「共生」をその条件とする「生態環境」のすぐれたアナロジーであると同時に、映像/音響の「内容」のみならずその「形式」においても「生」という主題をつよく意識させる、希有なインスタレーションとなっているのである。

Futoshi Hoshino

Futoshi Hoshino. 1983年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。専攻は美学、表象文化論。哲学/美学における美、崇高、表象といった概念をめぐる問題の研究に従事するかたわら、写真家として過去に「反映と生成」(2006)「複製/複製 ’」(2007)などのグループ展に参加。Personal Page ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use