倉田裕「ヒロイック」展が開催中

数年ぶりの日本での新作展!

poster for Hiro Kurata

倉田裕 「ヒロイック」

恵比寿、代官山エリアにある
POINTにて
このイベントは終了しました。 - (2008-07-04 - 2008-07-26)

In フォトレポート by Rie Yoshioka 2008-07-14

恵比寿にあるPOINTにて、ニューヨークを拠点に活動する 倉田裕 (KURATA Hiro)の展覧会を開催中。オープニングレセプションには日本に帰国しているあいだに倉田が出会った友人たちも大勢集った。倉田が「今日はみんなの祭り」と話してくれた通り、とてもにぎやかな一夜となった。

倉田裕氏

倉田が好んで描くモチーフは、虚無僧やメジャーリーガー、馬に乗ったギリシャ神だ。それらはアメリカと日本で育ち、両方の文化をルーツにもつ倉田にとってのヒーロー像そのものであるという。それらのモチーフを自然やモンスターなどのモチーフと合わせコミカルに描き上げ、一見するとポップに見える。しかし、例えばメジャーリーガーと虚無僧であったり不思議な対面が画面の中で行われているのだが、それらが交わしあう視線からはある瞬間の張りつめた空気を感じる。

ポップでありながらも、真摯に制作に取り組む倉田の世界観を感じる展示だ。

日本での新作展は数年ぶりとなる。平面作品のほか、数点の立体作品も展示中。

展示の様子オープニングでにぎわう会場の様子

Rie Yoshioka

Rie Yoshioka. 富山生まれ。IAMAS(情報科学芸術大学院大学)修士課程メディア表現研究科修了。アートプロデューサーのアシスタントを経て、フリーランサー。エディター、ライターとして活動するほか、展覧会企画、アートプロジェクトのウェブ・ディレクションを務める。yoshiokarie+tab[at]gmail.com ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use