東信エキシビション「Distortion×Flowers 」

気鋭のフラワーアーティストの個展が表参道で開催中

poster for Makoto Azuma

東信 「Distortion×Flowers」

表参道、青山エリアにある
GYRE GALLERYにて
このイベントは終了しました。 - (2009-05-15 - 2009-06-07)

In フォトレポート by Rie Yoshioka 2009-06-02

南青山で花屋を営みながら、フラワーアーティストとして国内をはじめ海外でも精力的に活動する東信の個展が、6月7日までEYE OF GYRE(表参道)にて開催中です。
《Distortion Vase》《Distortion Vase》《Distortion Vase》

展覧会初日は、朝に行われたというライブで無惨にも踏みつぶされた花々のかおりがギャラリーに漂っていました。きれいに咲いた花たちを足で踏みつぶすというと残酷に聞こえますが、なぜか東氏の愛情のようなものを感じてしまいます。美しくフロアにアレンジし、敷き詰められた花たちですが、花というものは「すでに死んだ状態で花屋の店頭に並ぶもの」と東氏。その行為はまるで愛しい花たちをおくる儀式のように感じられました。

東信エキシビション「Distortion×Flowers 」
www.distortion-flowers.com
会場:EYE OF GYRE(GYRE3階)
会期:5月15日(金)~6月7日(日)
時間:11:00~20:00

Rie Yoshioka

Rie Yoshioka. 富山生まれ。IAMAS(情報科学芸術大学院大学)修士課程メディア表現研究科修了。アートプロデューサーのアシスタントを経て、フリーランサー。エディター、ライターとして活動するほか、展覧会企画、アートプロジェクトのウェブ・ディレクションを務める。yoshiokarie+tab[at]gmail.com ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use