今年の会場構成には織咲誠氏が抜擢! DESIGNTIDE TOKYO 2012

【Art Beat News】今年も世界各国から多岐にわたるジャンルのデザイナーやクリエイターたちが集う。

poster for ”Design Tide Tokyo 2012”

「DESIGNTIDE TOKYO 2012」

六本木、乃木坂エリアにある
東京ミッドタウン・ホール にて
このイベントは終了しました。 - (2012-10-31 - 2012-11-04)

In Art Beat News by Art Beat News 2012-10-17

10月31日(水)から11月4日(日)まで、東京ミッドタウン・ホールをメイン会場として「DESIGNTIDE TOKYO 2012」が開催される。今年も、インテリアやプロダクト、建築、エディトリアル、ファッションなど、世界各国から多岐にわたるジャンルのデザイナーやクリエイターたちが集う。

会場は、メーカーやバイヤーも注目する「タイドエキシビション」、デザイナーが商品を展示・販売する「タイドマーケット」、青山、六本木、丸の内など各エリアのショップやギャラリーなどを舞台に作品を発表する「タイドエクステンション」、トークイベント「タイドテーブル」、そして招待作家による作品発表「タイドフォーカス」で構成される。

「DESIGNTIDE TOKYO 2012」といえば、毎年その会場構成にも注目が集まり、初回の2008年と翌2009年は建築家の谷尻誠氏、2010年は建築家の中村竜治氏、2011年はプロダクトデザイナーの中坊壮介氏など、そうそうたる面々が抜擢され、ここで名を馳せてきた。

今年は、インターデザインアーティストという肩書きで、アートやデザイン、グラフィック、プロダクトなど、幅広い領域で制作を行う織咲誠(おりさきまこと)氏。「ゆるいわく」── outliningをコンセプトに「競演でありながら協演。際立つ個性をひとつの雰囲気として全体でパッケージして伝わること」を目指すという。

開場時間は、11:00〜20:00まで(最終入場時間は19:30)。入場料は、1日1,500円(学生1,000円)。会期中3日間通しであれば、3,000円(学生2,000円)。学生は学生証の提示で学生割引を受けることができる。
同時期に東京ミッドタウンで開催されている「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2012」とあわせて行ってみては?

Tokyo Art Beatが提供している東京のアートイベント割引アプリ「ミューぽん」では「DESIGNTIDE TOKYO 2012」が2名まで500円割引。

■関連ウェブサイト
「DESIGNTIDE TOKYO 2012」

執筆:岡徳之(tadashiku

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use