美術館の割引アプリ「ミューぽん」 2013年版がリリース

スワイプで楽しく操作!facebook投稿も簡単。アートライフをもっと楽しく、もっと身近に

In Spotlight TAB TABからのお知らせ by Chikako Yamamoto 2012-12-20

美術館・アートイベントで割引を受けられるiPhone/iPod touchアプリ「ミューぽん」の2013年版がついに公開になりました。「ミューぽん」は、これまでにのべ3万2000人以上を動員しているアートファン必携のアプリ。2013年版では新しい機能もプラスされ、更に進化しました。

「ミューぽん」とは?

さまざまな展覧会・アートイベントで割引を受けることができる、iPhone/iPod touchアプリです。イベントは随時更新され、常に旬なアートイベント情報をチェックすることができます。森美術館東京都現代美術館といったTokyo Art Beatでも人気の美術館をはじめ、様々な美術館でおこなわれる展覧会で割引を受ける事ができます。また、美術館だけではなく、アートフェア地域型アートイベント映画パフォーマンスまで、ジャンルをこえて様々なイベントをセレクトしています。

  

もちろん割引だけではありません。アートファン目線で開発された、アプリならではの様々な工夫が盛り込まれています。特に好評なのは、新着、スタート、もうすぐ終了など、注目のイベントを見逃さないよう通知でお知らせする機能。それから、小さな機能ですが、休館日のイベントには当日休館マークが出るのも「思い立ったらふらっと出かける」気軽なスタイルでアートを見に行って欲しいから。

誰かに感想を伝えたい、そんな時にはミューぽんからTwitterやfacebookでシェアしましょう。2〜3名で使える割引もあるので、友達を誘って一緒にイベントを楽しんで。アートを介して友達の新たな一面も発見できるかもしれません。1人でお出かけ派なら、訪れたイベントの履歴をスタンプラリー気分で集めて楽しむのもいいですね。「ミューぽん」は、アートイベントの楽しみ方がもっと広がるアプリです。

2013年版からの新機能をご紹介!

発売より2年間、多くのアートファンにご好評いただいてきた「ミューぽん」ですが、2013年版リリースと同時に、チケットのデザイン変更と機能追加をおこないました。もっと楽しく、もっと身近に、アートを楽しんで欲しいという思いのもと開発された2013年版の「ミューぽん」。新しくなった、4つのポイントをご紹介します。

①スワイプによる直感的な割引券の切取り操作
ミューぽんのチケットを切り取る「もぎり」の操作が、ユーザーの皆様から「楽しい!」とご好評いただいています。これまではタップで切り取っていましたが、2013年版からはスワイプでも切り取ることができるようになりました。日付のデザインもスタンプ風に。使うのがもっと楽しくなります。

 

②リスト画面に「NEW」「START」「END」のラベルを表示し、通知をスマートに
新着、スタート、もうすぐ終了をお知らせするプッシュ通知。複数のお知らせがある日は、1回の通知でまとめてお知らせできるようになりました。同時に、イベントリスト上でも「NEW」「START」「END」のラベルを表示。見逃せない展示が一目で分かるデザインになりました。

 

③facebookによる友達への共有
これまでのTwitter、メールに加えて、facebookでも感想やリンクを簡単にシェアできるようになりました。友達を誘ったり、感想を伝えたりして、もっとアートを楽しみましょう。

 

④「みんなのツイートを見る」
イベントに関連したみんなのつぶやきを、タップ1回でTwitter検索。「行ってみたいイベントの評判はどうかな?」「面白い展覧会だった!他の人はどう感じたんだろう?」いろいろな意見に出会うことで、もっと世界が広がります。


より機能が充実し、進化した「ミューぽん」。2013年もたくさんのイベント情報と割引をお届けする予定です。「ミューぽん」で楽しく、そしてお得にアートめぐりを楽しみましょう!

ダウンロードはこちらから。↓

Chikako Yamamoto

Chikako Yamamoto. ブラジル生まれのスペイン育ち。バルセロナでは現地の現代美術家コミュニティとのかかわりの中で育ち、帰国後、アートや美術館が身近な存在でないことにカルチャーショックを受ける。大学卒業後は一般企業に就職。紆余曲折を経て、2011年2月よりTokyo Art Beatに加わる。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use