エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ006」

世界でも類を見ないギャラリーのディレクター個人を出展単位とするアートフェア。

poster for “The Art Fairs - Plus Ultra 2013”

「ジ・アートフェアズ - プリュス・ウルトラ2013 - 」

表参道、青山エリアにある
スパイラルにて
このイベントは終了しました。 - (2013-10-26 - 2013-11-04)

In フォトレポート by TABインターン 2013-11-02

表参道のスパイラルで開催された「エマージング・ディレクターズ・アートフェア 『ウルトラ006』」の前期(オクトーバー・サイド)に行ってきました。

この展示は、ギャラリーのディレクター個人で出展しているユニークなアートフェアで、2008年から毎年開催されています。各ディレクターにウォールが割り当てられていて、それぞれのディレクターの個性が強く感じられました。

もちろんその場で作品を購入することができます。また、来場者の投票によるベストウォール賞も。入場時に投票用紙をもらえるので、誰に投票しようかと考えながら展示を巡るのも面白いかもしれません。

IMG_0001 (2)

IMG_0015

IMG_0012

印象的だったのは、ディレクターやアーティストが積極的に作品の説明をしてくれることでした。もちろん作品を見ているだけでも面白いのですが、作り手の背景や想いを聞きながら改めて作品を見ることで、より深く立体的に捉えることができるように感じました。

IMG_0006

IMG_0020 (2)

IMG_0010

前期の展示は既に終了しましたが、後期(ノヴェンバー・サイド)は現在開催中。有名作家の展示を鑑賞するのとは一味違う、より身近なアートとの触れ合いを味わってみてはいかがでしょうか。

後期(ノヴェンバー・サイド):11月1日(金)〜11月4日(月・祝)

[TABインターン]
安田七海:東京都出身。大学院卒業後、就職したもののその後紆余曲折を経て来年から法律を学ぶ予定。アートは未知なる世界への入口と捉え、TABを活用して様々な展示へ足を運ぶ。趣味は他に読書・散歩・食。

TABインターン

TABインターン. 学生からキャリアのある人まで、TABの理念に触発されて多くの人達が参加しています。3名からなるチームを4ヶ月毎に結成、TABの中核といえる膨大なアート情報を相手に日々奮闘中! 業務の傍ら、「課外活動」として各々のプロジェクトにも取り組んでいます。そのほんの一部を、TABlogでも発信していきます。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use