「LUMINE meets ART AWARD 2013」、各賞受賞者が決定

【Art Beat News】受賞作品は、2014年2月1日よりルミネ各館にて展示開始

In Art Beat News by Art Beat News 2013-12-25

ルミネが主催する「LUMINE meets ART AWARD 2013」の受賞者が決定した。

グランプリはウィンドウ部門に応募された堀康史さんの作品『mirage#6(ミラージュロク)』。折り紙をモチーフにした立体作品を半分にカットし、鏡に貼り付けた作品で、紙から樹脂へ素材を変え、折り紙の左右対称という性質を活かした表現が展開される。

堀康史《mirage#6》

この作品について審査員の小山登美夫さんは「折り紙という日本特有の手の仕事からくる触覚性とともに幾何学性という、やわらかさとシステムという両義性をもっていて、そこに魅力を感じました。また、いくつか樹脂に置き換えられた折り鶴のテクスチャーはその両義性を表現するに足るクオリティーを持っていると思われます」とコメントした。

準グランプリはエレベーター部門に応募された深沢尚宏さんの作品『Tranquility(トランキュイリティ)』。エレベーターを、身を投じることで心を落ち着け集中力を高める「間」にする、墨とグラフィカルな図案が入り交じった作品。ルミネ賞は同じくエレベーター部門に応募されたChiaki Akadaさんの作品『CIRCUS BOX(サーカス ボックス)』。エレベーターを、サーカス小屋に見立て乗るひとをワクワクさせるような装飾が印象的な作品だ。
深沢尚宏《Tranquility》

Chiaki Akada《CIRCUS BOX》

各賞の受賞作品は2014年2月1日より、ルミネ各館にて展示が開始される。展示される作品と場所は以下の通り。

エレベーター部門
Chiaki Akadaさん 【ルミネ新宿】 ルミネ1 各階止まりエレベーター
深沢尚宏さん 【ルミネ横浜】 北側エレベーター

ウィンドウ部門
堀康史さん 【ルミネ新宿】 ルミネ2 2F スタニングルアー横ウィンドウ

インスタレーション部門
本多裕紀さん 【ルミネ新宿】 ルミネ2 2F スタニングルアー前

デジタルサイネージ部門
西里沙也加さん 【ルミネエスト新宿】 新宿駅東口ロータリー前 デジタルサイネージ

本多裕紀《今度生まれて来る時も、また》

西里沙也加《Girls Planet》

■関連リンク
LUMINE meets ART AWARD 2013

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use