アートユニット「明和電機」が下北沢に期間限定でカフェをオープン

【Art Beat News】電子楽器「オタマトーン」や新作がカフェを埋め尽くします。

In Art Beat News by Art Beat News 2014-10-20

アートユニットの「明和電機」は、下北沢のライヴスペース&おんがく食堂「mona records」で、10月21日から11月11日までの期間限定で「明和電機カフェ」をオープンする。

明和電機カフェでは、同ユニットの代表作である音符型の電子楽器「オタマトーン」や指パッチン木魚「パチモク」、新作の「ミスターノッキー」などがmona recordsを埋め尽くすように展示され、グッズの販売も行われる。期間中はウエイトレスが明和電機のワンピースを着用予定。期間限定の明和電機オリジナルメニューも企画されるなど盛り上げる。

カフェ開催中の11月3日にはイベント「祝・明和電機20周年ライブDVD メカニカル上映会」も開催。すでにチケットは完売したが、昨年末に赤坂BLITZで行われた明和電機20周年記念ライブのダイジェストを、明和電機の社長本人がさまざまな仕掛けとともに解説する。

「明和電機カフェ」開催概要
期間:2014年10月21日(火)~11月11日(火)
場所:mona records 東京都世田谷区北沢2-13-5 伊奈ビル2F

明和電機公式ウェブサイト内告知ページ

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use