「FITC Tokyo 2015」が2月7日・8日に開催

【Art Beat News】デビッド・オライリーら海外著名人が多数招待。真鍋大度ら日本勢も

In Art Beat News by Art Beat News 2015-02-06

Artwork by Ash Thorp

デジタルクリエイターを対象にしたイベント「FITC Tokyo 2015」が、2月7日から8日の2日間、日本科学未来館にて開催される。今年で6回目を迎える今回も、最前線のデジタルクリエイターたちが世界中から集まり、プレゼンテーションを行う。

今回招待されたのは、映画「her/世界でひとつの彼女」の劇中のゲーム映像を制作したデビッド・オライリー、ハリウッド映画のグラフィックデザイナーとしても活動した実績を持つGMUNK、ビジュアル・アートを手がけるソウゲン・チュン、オープンソースライブラリの開発を手がけるリカルド・カベッロなど。文化庁メディア芸術祭でも優秀賞を受賞しているCod.Actの兄弟も登壇する。
日本からは、メディア・アーティストの真鍋大度、顔面プロジェクションマッピング「OMOTE」で注目を集めた浅井宣通、Takram Design Engineeringの緒方壽人、アーティスト/デザイナーのやんツー(yang02)らが出演する。

■開催概要
開催日:2月7日(土)〜2月8日(日) 12:00~18:30 [2日間開催]
会場:日本科学未来館 7F 未来館ホール
通常チケット (若干枚数販売)
 2日間チケット 16,000円(学生9,000円)
 2/7 1日チケット 9,000円(学生4,500円)
 2/8 1日チケット 9,000円(学生4,500円)

「FITC Tokyo 2015」公式ウェブサイト
http://fitc.ca/event/tk15/

執筆:岡徳之(Noriyuki Oka Tokyo

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use