一夜限りのアートパーティー。パークホテル東京にて「PARK NIGHT 2015」が開催

【Art Beat News】山川冬樹らのパフォーマンス、泉太郎の映像、山下拓也の作品展示など

poster for Park Night 2015

「PARK NIGHT 2015」パーティーイベント

銀座、丸の内エリアにある
パークホテル東京にて
このイベントは終了しました。 - (2015-03-21)

In Art Beat News Main Article 2 by Art Beat News 2015-02-20

2015年3月21日(土)、アートフェア東京、パークホテル東京、TALION GALLERYがタッグを組んだ一夜限りのパーティープログラム「PARK NIGHT 2015」がパークホテル東京にて開催される。第二回の開催となる今回のテーマは「PARK NIGHT 2015: METEORITES」、メテオリーテ(隕石)の赤をイメージさせるようなイタリアのリキュール「カンパリ」をイベントパートナーに迎える。前回の「COVERD TOKYO: PARK NIGHT, 2014」で入場制限がかかりそうなほどの盛り上がりを見せた同イベントは、今回も大いに盛況が期待される。

一年に一夜限りの特別な夜を封切るのは、環境音をモチーフとしたサウンドアートのパフォーマンスを行う角田俊也。続けて、ファッションとアートを結ぶ特異点「ヌケメ」を中心としたバンド「ヌケメバンド」による演奏。そしてホーメイ歌手/現代美術家である山川冬樹のパフォーマンスが行われる。

NUKEMEBAND

山下拓也 《雨に散る油 feat.横浜の》 2013

「PARK NIGHT」の特色は、パークホテル25Fのフロア全体がアート作品の展覧会場と化すこと。巨大なマスコットや闇に葬られたキャラクターを甦らせる手法で注目を集める山下拓也は、ギャラリーの壁を切り刻むことによって生まれた3mを超える立体作品「TALIONの子」をはじめ、会場の至るところに異色の作品を出現させる。会場吹き抜けの壁面には、映像作家/現代美術家である泉太郎による映像作品を上映。これまで見る機会が限られていた初期作品をはじめとして、泉太郎の原点を知るうえでも貴重な映像をサイレントにてプロジェクションする。そして、「LOVE展」(森美術館)や「反重力展」(豊田市美術館)への出展でも話題を呼んだ、やくしまるえつこによる特設展示も行われる。

「COVERD TOKYO: PARK NIGHT, 2014」の様子

やくしまるえつこ《ミオデソプシア》 2012

また、今回は特別企画として、カンパリを用いたオリジナルカクテルも提供される。荻野僚介、ミヤギフトシ、毛利悠子、やくしまるえつこという4名のアーティストが、パークホテル東京のバーテンダー鈴木隆行とコラボレーションした一品。この夜にしか味わえないスペシャルカクテルも、本イベントの楽しみの一つだ。

ミヤギフトシ

パークホテル東京 副総支配人/カクテルデザイナー 鈴木隆行

毛利悠子

毛利悠子 《I/0 - Chamber of a musical composer》 2014

荻野僚介

■概要
日時:2014年3月21日(土) 20:00〜23:00 ※展示は3月29日まで
会場:パークホテル東京 25F アートラウンジ
入場料:2000円 ※アートフェア東京2015VIPカードをお持ちの方は無料

パフォーマンス:角田俊也/ヌケメバンド/山川冬樹
映像プロジェクション:泉太郎
展示:山下拓也
コラボレーションカクテル:荻野僚介/ミヤギフトシ/毛利悠子/やくしまるえつこ/鈴木隆行
特設展示:やくしまるえつこ

主催:Park Night 2015実行委員会
企画/運営:TALION GALLERY
共催:アートフェア東京実行委員会、パークホテル東京
協賛:サントリースピリッツ株式会社
協力:みらいレコーズ/SNOW Contemporary/Take Ninagawa/Tokyo Art Beat
会場装飾:HEAVEN HUG DESIGN
DJ:C’MB
問い合わせ:03-5927-9858/info[at]taliongallery.com

http://www.parknight2015.com

Text: 玉田光史郎(Koushiro Tamada)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use