銀座4つのギャラリーによる合同イベント「銀クリ」開催

【Art Beat News】ギャラリーの開館時間が夜間延長される「銀クリナイト」も

poster for Embracing for Painting

「絵画を抱きしめて Embracing for Painting」展

銀座、丸の内エリアにある
資生堂ギャラリーにて
このイベントは終了しました。 - (2015-07-31 - 2015-09-20)

poster for Lars Müller “Books Analogue Reality”

ラース・ミュラー 「本 アナログリアリティー」

銀座、丸の内エリアにある
ギンザ・グラフィック・ギャラリーにて
このイベントは終了しました。 - (2015-08-04 - 2015-08-26)

poster for minä perhonen × G8 Exhibition

「- minä perhonen × G8 - ホホホの住む森」

銀座、丸の内エリアにある
クリエイションギャラリーG8にて
このイベントは終了しました。 - (2015-08-20 - 2015-09-04)

poster for Masakazu Murakami “Reclusive Travels”

村上仁一 「雲隠れ温泉行」

銀座、丸の内エリアにある
ガーディアン・ガーデンにて
このイベントは終了しました。 - (2015-08-31 - 2015-09-17)

In Art Beat News Main Article 2 by Art Beat News 2015-08-18

7月31日から11月30日まで、銀座の4つのギャラリーによるイベント「銀クリ」が開催されている。ギャラリーの開館時間が夜間延長されたり、人気クリエイターのオリジナル缶バッジなどグッズがもらえるスタンプラリーなど、さまざまなイベントが開催される予定だ。

「銀クリ」は、銀座で活動を続ける「資生堂ギャラリー」「ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)」「クリエイションギャラリーG8」「ガーディアン・ガーデン」の4つのギャラリーが運営。銀座のクリエイションを楽しんでほしいという主旨で、2012年から毎年1回催されてきた。

今年は、従来のスタンプラリーのほか、新たな試みとして会期中に「銀クリナイト」「スペシャルデー」が設けられ、イベントが開催される。

9月11日の夜に予定される銀クリナイトは、普段、ギャラリー開館時間内での来館が難しいひとのために夜の開館時間を延長したもの。作家によるギャラリーツアーやミニイベントなどが実施される。11月13日のスペシャルデーでは、その日ギャラリーをまわってスタンプラリーカードにスタンプを集めると、その個数に応じて人気クリエイターのオリジナル缶バッジなどグッズがもらえる。

■開催期間:2015年7月31日(土)〜 11月30日(月)
※各ギャラリーで開催日、時間が異なります。
会場:資生堂ギャラリーギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)クリエイションギャラリーG8ガーディアン・ガーデン

■今後の各ギャラリーの対象展覧会・開催スケジュール(展覧会は一部仮称)
資生堂ギャラリー
「絵画を抱きしめて Embracing for Painting」 Part1「絵画との出会い」7/31 〜 8/23、Part2「絵画に包まれて」8/28 〜 9/20
「小沢剛」展 10/23 〜 11/29(展覧会は12/27まで開催)

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
「ラース・ミュラー 本 アナログリアリティー」 8/4 〜 8/26
「Yoshiaki Irobe: WALL」 9/2 〜 9/28
「21世紀琳派POSTERS」 10/5 〜 10/27
「字字字 大日本タイポ組合」 11/4 〜 11/28

クリエイションギャラリーG8
「ミナペルホネン×G8」  8/21 〜 9/4
「TIS」展 9/8 〜 10/7
「ポール・コックス展」 10/10 〜 11/19

ガーディアン・ガーデン
「村上仁一写真展 雲隠れ温泉行」  8/31 〜 9/17
第13回グラフィック「1_WALL」展  9/28 〜 10/2
第13回写真「1_WALL」展  10/26 〜 11/19

■銀クリナイト 9月11日(金)19:00 〜 21:00

執筆 赤江龍介
編集協力 岡徳之

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use