1月10日(日・祝) 親子でアートを楽しもう!in 練馬区立美術館

Tokyo Art Beat発、子ども向けアートイベントの参加者を募集します!冬休みも親子でアートを楽しもう!

poster for The Legacy of Kiyoshi Hamada – Paintings of Layering and Erasing

「浜田浄の軌跡 -重ねる、削る 絵画-」

武蔵野、多摩エリアにある
練馬区立美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2015-11-21 - 2016-02-07)

In TABからのお知らせ by TABインターン 2015-12-15

Tokyo Art Beatはライフスタイルの中でアートをより身近に楽しんでもらいたいと思い、日々サービスを運営しています。
そこで、この度「浜田浄の軌跡 -重ねる、削る 絵画-」を開催中の練馬区立美術館にご協力いただき、親子で参加できるワークショップを企画しました。担当学芸員の真子みほさんの案内で作品をゲーム形式で鑑賞します。「何に見えるかな」「どうやって描いたのかな」…親と子という二つの世代だけでなく、子ども同士、親同士、一人一人異なる見方があることに気づき、それを共有することで新しい楽しみ方を見つける。個人の鑑賞ではできない体験です。ぜひふるってご参加下さい。

イベント詳細

日時:2016年1月10日(日) 13:30〜14:30
会場:練馬区立美術館 創作室、2階展示室
展示:「浜田浄の軌跡 -重ねる、削る 絵画-」
対象:小学校中学年・高学年の子どもと親、6組 (先着順)
費用:大人の方はイベント前に鑑賞券(300円)のご購入をお願いいたします。
参加方法: 下記フォームより、お申込みください。
※申込受付は終了しました


当日のスケジュール
13:15 参加者受付
13:30 イベントスタート
14:30 イベント終了

※鑑賞券はミューぽんのご利用で100円引きになります。
※親子の組み合わせ・人数には、制限はありません。
※イベントの様子を撮影し、後日練馬区立美術館ホームページ、ならびにTABlogに掲載予定です。参加される方はあらかじめご了承下さい。

練馬区立美術館について

練馬区立美術館は、昭和60年(1985年)10月に開館、平成27年(2015年)に30周年を迎えました。美術に関する区民の知識及び教養の向上を図り、もって区民文化の発展に寄与することを目的としています。これまで日本の近・現代美術を中心に企画展を開催。多様な美術作品を紹介するとともに、練馬にゆかりのある作家の作品をはじめとした作品収集や調査研究を行っています。また、鑑賞するだけでなく、美術講座やワークショップの開催、展示室や創作室の貸出しなどを通じて多くの方に参加していただける開かれた美術館を目指しています。
http://www.neribun.or.jp/museum.html

過去のイベントレポートはこちら

展覧会のコンセプトに合わせた服で、美術館に行こう!@森美術館
対話型鑑賞 in 原美術館
TAB Talks 学生編

[TABインターン] 猿渡さとみ: 大学4年生。最近はSTARWARSの新エピソードに備え、周囲に布教中。好きなキャラクターはR2-D2。

TABインターン

TABインターン. 学生からキャリアのある人まで、TABの理念に触発されて多くの人達が参加しています。3名からなるチームを4ヶ月毎に結成、TABの中核といえる膨大なアート情報を相手に日々奮闘中! 業務の傍ら、「課外活動」として各々のプロジェクトにも取り組んでいます。そのほんの一部を、TABlogでも発信していきます。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use