ボーダーレスな写真・映像のアートフェア「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」が新設

ファインアートとファッション、コマーシャルとの境界を取り払う実験的な試み

poster for Art Photo Tokyo – Edition Zero

「Art Photo Tokyo - Edition Zero - 」

京橋、日本橋エリアにある
茅場町共同ビルディングにて
このイベントは終了しました。 - (2016-11-18 - 2016-11-20)

In Art Beat News by Art Beat News 2016-11-14

写真と映像をテーマにした新たなアートフェア「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」が新設されることが発表された。まずは「edition zero」として、第0回目が開催される。期間は2016年11月18日(金)から20日(日)までの3日間、東京の茅場町共同ビルで開催される。ファインアートとファッション、コマーシャルフォトの境界を取り払って展示する、世界的にも稀有なアートフェアとなる。

蜷川実花「Liquid Dreams」

「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」の特徴は、対象をファインアートに限らず、ファションやコマーシャルフォトグラファーの作品も含め、すべてを並列に扱う点にある。蜷川実花、操上和美、トーマス・ルフといったフォトグラファーをはじめ、世界トップクラスのギャラリーやアーティスト、ファッションフォトグラファー、コマーシャルフォトグラファー、写真・映像作家が集結。他では見られない豪華なラインナップが魅力であり、今後東京からの発信力を強め、アジアのクリエイティブのハブとなるアートフェアを目指していく。

また、あらゆる写真・映像表現をフラットに扱うだけでなく、これまでアートと接点がなかった人や子どもにとって楽しめるアートフェアにすることも狙いのひとつだ。スマートフォンを使ったワークショップや、トークイベントも企画されている。その他、「猿田彦珈琲」や植物屋「叢」の出店や、トヨタの自動車ブランド「レクサス」の未発売車の展示なども予定されているとのこと。写真と映像の世界の今、そして東京の今を一挙に知ることができる、新しいアートフェアの誕生を歓迎したい。

Thomas Ruff「neg◊india_06」

■開催概要
開催日程:2016年11月18日(金) ~ 20日(日) 
開場時間:12:00 〜 20:00(最終日は17時まで)
会場:茅場町共同ビルディング(〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1丁目6-12)
アクセス:東京メトロ茅場町駅(日比谷線・東西線)9番出口直結
入場料:一般1500円、学生500円、小学生以下無料(前売チケットはYahoo!チケット、及びPeatixにて取り扱いあり)

出展ギャラリー(21ギャラリー)
Aoyama | Meguro & GALLERY KOCHUTEN
art & science gallery lab AXIOM
B GALLERY
G/P Gallery
Gallery Koyanagi
Gallery SIDE 2
hiromiyoshii roppongi
MISA SHIN GALLERY
Mizuma Art Gallery
Mori Yu Gallery
Mujin-to Production
OTA FINE ARTS
POST / twelvebooks
新宿眼科画廊
ShugoArts
Taka Ishii Gallery
TARO NASU
Tomio Koyama Gallery
URANO
VICE MEDIA JAPAN株式会社
Yumiko Chiba Associates

アーティスト(12アーティスト)
北島明
清水はるみ
宮本敬文
柿本ケンサク
レスリー・キー
P.M.Ken
ローラ
桐島ローランド
若木信吾
TCK* 31名展
米原康正
森田恭通

*TCK出展作家: 操上和美、鋤田正義、藤塚光政、藤井保、広川泰士、大森克己、泊昭雄、平間至、戎康友、津田直、新津保建秀、瀧本幹也、在本彌生、井賀孝、WATARU、TAKAY、瀬尾浩司、横浪修、吉永マサユキ、野口里佳、笹口悦民、赤尾昌則、市橋織江、守本勝英、塩田正幸、荒井俊哉、木寺紀雄、水谷太郎、濱田祐史、小浪次郎、草野庸子(以上31名、順不同)

お問合せ先:info@artphototokyo.com
ウェブサイト:http://artphototokyo.com/

(Text: 玉田光史郎 Koushiro Tamada)

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use