COACHが日本の若手アーティストとコラボレーション、新しいシグネチャーの世界観を描いた作品を制作!

とんだ林蘭、Colliu、Lyなどが参加、展示やライブペインティングも

In Art Beat News by Art Beat News 2018-03-21

ニューヨーク・マンハッタン発の高級皮革ブランド・COACHと、日本の若手アーティストのコラボレーションが発表された。
COACHはニューヨークを皮切りに世界各国でアーティストとのコラボレーションを2月からスタートさせたが、日本でも3月からシグネチャー・アートコラボレーションとして実施することが決定した。
日本からは、ユニークで目を引く作風を持つ8名のアーティストが参加している。影山紗和子、冠木佐和子、Colliu、chocomoo、とんだ林蘭、花井祐介、丸井”motty” 元子、そしてLy。

Chocomoo

とんだ林蘭

この春、COACHのクリエイティブ・ディレクター、スチュアート・ヴィヴァースはCOACHのアイコニックな「C」のパターンをモダンにリミックスし、生まれ変わらせた。80年代にニューヨークを拠点に活躍したポップアーティストのキース・へリングのアートワークがコーチ・シグネチャーをキャンバスに躍動している。
そんなキース・へリングのストリートアートと、永遠のアイコンであるシグネチャーパターンからインスパイアを受け、様々なアーティストによるコラボレーションが実現した。COACHのシグネチャーパターンをアーティストが自由に使用し、それぞれに作品を作り上げるプロジェクトだ。

Colliu

モデルとしても活動するアーティストのColliuは、アイデンティティの重要な一部である自分自身の顔を、COACHと言えば、のバッグを想起させる頭部にした変わった生き物にしたと語る。

Ly

グレーのミューラルペインティングで人気のLyは、無限に続くシグネチャーパターンのようにCoachのショップだけが並ぶストリートを描いた。そのストリートをモンスター「LUV」が彷徨っている。

影山紗和子

第15回グラフィック「1_WALL」で大賞を受賞した影山紗和子は、おしゃれするワクワクをコンセプトに、シグネチャーパターンの美しい曲線と合うような気持ち良いグラフィックを目指したという。

花井祐介

丸井”motty” 元子

冠木佐和子

また、コラボレーションの一環として、ライブアートペインティングをCOACH表参道、COACH銀座の2つの旗艦店にて開催。参加アーティストの作品は中目黒の蔦屋書店にて3月22日から4月4日まで展示される。期間中には一部の蔦屋書店にてアーティストによる作品のステッカーも配布を予定している(配布先 蔦屋書店:中目黒、代官山、大阪梅田、京都岡崎、福岡六本松)。

■概要
アートワークの屋外掲出
3月18日(日) 〜 3月31日(土) 
青山ストリートウォール(南青山3丁目交差点キラー通り)

Colliu ライブペインティング
3月21日(水) 13:00〜
COACH 表参道店
住所 〒107-0061 東京都港区北青山3-6-1 oak omotesando

Chocomooo ライブペインティング
3月21日(水) 13:00〜
COACH 銀座店
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-3

参加アーティストたちの作品を展示
3月22日(木) 〜 4月4日(水) 中目黒 蔦屋書店 Share Lounge

Text:編集部

Art Beat News

Art Beat News. Art Beat Newsでは、アート・デザインにまつわる国内外の重要なニュースをお伝えしていきます。Tokyo Art Beatが紹介する数多くのイベント情報以外にも、独自の視点でピックアップします。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use