ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

京橋、日本橋エリアにある美術館

浜口陽三は創業350年、歴史あるヤマサ醤油10代目濱口儀兵衛の三男として生まれました。父儀兵衛は南画収集家で、自らも南画を学んだ人でした。さかのぼれば、5代目濱口灌圃は江戸後期に活躍した南画家で、浜口家は芸術に秀でた人物を多く輩出した家柄でもあります。
 浜口陽三は、カラーメゾチントという独特の銅版画技法を開拓、その卓越した技術が創り出す、静謐な世界は多くのファンを魅了しています。1996年にパリ、サンフランシスコでの永い海外生活を終え帰国。本人の賛意もあり、持ち帰った多くの作品を常設展示する美術館を開設いたしました。浜口陽三作品の魅力を十分にお伝えできますよう、質の高い美術館を目指しております。

開催中・今後のイベント

» このアートスペースの過去イベントのリスト

ミュージアムショップ無し駐車場無しレストラン・カフェ有り図書館無しバリアフリーではない

ホームページ

http://www.yamasa.com/musee/

取り扱い作家/収蔵作家

浜口陽三、南桂子

開館時間

11:00から17:00まで
土曜日は10:00から, 日曜日は10:00から, 祝祭日は10:00から
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館・翌日火曜日休館、年末年始・夏期休館、展示替え期間休館

入場料

一般 600円、大学生・高校生 400円、中学生以下無料

アクセス

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7
電話: 03-3665-0251 ファックス: 03-3665-0257

地下鉄半蔵門線水天宮前駅3番出口より徒歩1分、日比谷線・都営地下鉄浅草線人形町駅より徒歩8分

Google map

このイベントに行かれる際には、Tokyo Art Beatで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use