逓信総合博物館

poster for 逓信総合博物館

銀座、丸の内エリアにある 美術館

ていぱーく(逓信総合博物館)の歴史は、明治35(1902)年、万国郵便連合(UPU)加盟25周年記念祝典行事の一環として誕生した「郵便博物館」から始まります。その後、さまざまな変遷を経て、昭和39(1964)年12月に郵政省(現在の日本郵政公社)・日本電信電話公社(現在のNTT東日本)・日本放送協会(NHK)の3機関の共同運営による博物館として現在地に開館しました。当館は日本で唯一の「情報通信関係の総合博物館」であり、関係資料の収集、保存、展示、調査研究などの活動を通じて郵政・電気通信・放送の各事業の啓発及び普及を図ることを役割としています。また郵政部門の分館として、日本の近代郵便の父・前島密(まえじまひそか)の業績を顕彰するために設立された前島記念館(新潟県上越市)と、郵便事業の発展に多大な貢献をした坂野鉄次郎(さかのてつじろう)の業績を顕彰するために設立された坂野記念館(岡山県岡山市)があり両氏の遺品等の資料を展示しています。

2013年8月に閉館しました。

注意 - スペース閉館

閉館したか、もしくはTokyo Art Beatに掲載するようなイベント・展覧会が現在行われていないスペースです。このスペースに関する新たな情報などをお持ちの方はこちらまでお知らせください。

過去イベントのリスト

» このアートスペースの過去イベントのリスト

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use