「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」を語る~生きることはアートそのものだ

東京都現代美術館チーフ・キュレーター長谷川祐子氏にインタビュー

poster for

「ネオ・トロピカリアーブラジルの創造力」展

清澄白河、両国エリアにある
東京都現代美術館にて
このイベントは終了しました。 - (2008-10-22 - 2009-01-12)

In TAB ビデオ インタビュー by Baba Shinichi 2008-12-13

「生きることの喜び」を表現するブラジルのアートの「溢れ出る豊かな色彩」と「しなやかで有機的な形」。

60年代「熱帯に住む者の文化のオリジナリティ」をうたったトロピカリアという芸術運動での象徴的な作家であるエリオ・オイチシカをはじめ、27組のアーティスト、クリエイターの作品が一同に介して、会場内に「ブラジルの創造力」が炸裂する。

「圧倒的に自由な表現」「新鮮で鮮やかな色の体験」で私たちの五感を存分に楽しませる展示作品の数々。いままで知られていなかった「ブラジルの魅力」をきっとあなたも発見できることでしょう。

TABはその見どころについて東京都現代美術館のチーフ・キュレーター、長谷川祐子氏にインタビューいたしました。

[開館時間] 10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
月曜日休館(年末年始12月28日~1月1日休館、1月12日開館)
[アクセス] 東京メトロ半蔵門線・清澄白河駅B2番出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線・清澄白河駅A3番出口より徒歩13分
[住所] 江東区三好4-1-1
[電話] 03-5245-4111(代表)/03-5777-8600(ハローダイヤル)
03-5245-4111(General Information)
[公式HP] http://www.mot-art-museum.jp(美術館)http://www.neo-tro.com(展覧会)

Baba Shinichi

Baba Shinichi. 東京都生まれ。早稲田大学卒。哲学専攻。雑誌編集、ビデオジャーナリストを経て映像制作。ドキュメンタリー映像表現の新たな分野開拓に興味。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use