美術館の割引アプリ「ミューぽん」夏休み限定企画!〜青森から鹿児島まで

人気のミューぽんが全国に拡大。夏休みは旅先でアートを楽しもう!!

In TABからのお知らせ by Chikako Yamamoto 2012-07-27

Tokyo Art Beatによる美術館・アートイベントの割引アプリ、「ミューぽん」。今年の利用者はすでに1万人を突破している人気アプリです!そんな「ミューぽん」が、この夏ついに、全国に拡大します。
北は青森から南は鹿児島まで、現代アートや写真展を中心に、6県7館が参加。8/1(水)より「ミューぽん」上に割引クーポンが公開されます。

それでは、参加館と全ての展覧会を一挙にご紹介!!

青森県立美術館 (@aomorikenbi)
「Art and Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語」展 2012年7月21日〜9月17日

青森県立美術館は、真っ白な建築が印象的。奈良美智「あおもり犬」は美術館のシンボルです。
「Art and Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語」展は、空と飛行機をテーマに、近世の鳥瞰図や戦争記録画から現代作家によるインスタレーション作品まで、様々な作品・資料が展示されます。

中村哲也、古井智、松江泰治等の新作や、青秀祐、八谷和彦、中ハシ克シゲ等のインスタレーションはぜひチェックしたい!


十和田市現代美術館 (@ArtsTowada)
「栗林隆《WATER >|< WASSER》」展 2012年4月21日〜9月2日

青森県十和田市現代美術館は、街に開かれた「アートのための家」。西沢立衛設計の開放的な空間で作品を体感できます。
「栗林隆《WATER >|< WASSER》」展では、大型インスタレーションで知られる現代アーティスト栗林隆による、新作4点を含む全7作品を展示。気体・個体・液体と変化する水、物体としての水、エネルギーとしての水など水の多様性を表現し、水の存在を通して自然と人間の関係性を探ります。ミューぽんでは常設展示とのセット券が割引に。

カフェ&ショップape rossaでは、土日限定で作品そっくりのコラボケーキも!


愛知県美術館 (@apmoa)
マックス・エルンスト 「フィギュア × スケープ」 2012年7月13日〜9月9日

愛知県美術館は、名古屋の中心街、地下鉄栄駅から徒歩3分のアクセスが魅力。
開催中の特別展は横浜より巡回のマックス・エルンスト 「フィギュア × スケープ」。シュルレアリスムを代表する作家の一人、マックス・エルンストの多彩な制作活動から生まれた作品約120点を、フィギュアとスケープというキーワードで読み解きます。

エルンストの精神世界、充実の展示を楽しみましょう。


丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 (@mimoca_org)
「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」展 2012年7月15日〜9月23日

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館は、香川県・JR丸亀駅すぐの馬の壁画が目印の駅前美術館。
「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」展を開催中。写真家・ホンマタカシによるプリント作品、シルクスクリーンや本、絵画等、様々な手法を用いた作品が、館ならではの大きな空間を活かして展示されます。

金沢・オペラシティも巡回しましたが一部内容が異なるそう。猪熊弦一郎によるコレクションをホンマが撮影した「物物」展も同時開催されます!


広島市現代美術館 (@HiroshimaMOCA)
ス・ドホ「in between」展 2012年8月4日〜10月21日

広島市現代美術館は、野外彫刻や黒川紀章の建築も見どころの緑に囲まれた美術館。
8/4より、ス・ドホ「in between」展が始まります。韓国出身のアーティスト、ス・ドホの作品は、アジアの手工芸が持つ繊細さと、集合体のパワーが放つダイナミズムを備えた作風が魅力。初期作品から近作まで約30点を紹介します。

コレクション展では、広島という土地の記憶を表現した作品で構成される「青写真ー記憶 ▶ 創造」が開催されます。


山口県立美術館
ロベール・ドアノー展 2012年7月12日〜8月26日

山口県立美術館のあるパークロードは、「日本の道100選」にも選ばれているそう!緑に囲まれた美術館です。
ロベール・ドアノー展では、20世紀を代表する写真家ロベール・ドアノーの作品200点を展示。日々の一瞬をドラマチックに切り取った作品より、選び抜かれた作品が展示されます。

40万点にもおよぶネガから厳選された作品群には、初公開のカラー作品も。


鹿児島県霧島アートの森
「椿昇展 “PREHISTORIC_PH”」 2012年7月13日〜9月23日

鹿児島県霧島アートの森は、標高700mの高原に位置する野外美術館。そう聞くだけでもワクワクしますね。
美術と社会の関係を問い直す、強いメッセージ性を持った作品で知られる椿昇(つばき のぼる)。「椿昇展 “PREHISTORIC_PH”」では、これまでの政治的テーマを扱った作品とは異なる新たな世界を展開。人類の原初的なエネルギーを視覚化する巨大な作品群を展示します。

自然と一体化した作品を五感で楽しみましょう!


「ミューぽん」での割引サービスは、8/1(水)よりそれぞれの展覧会の会期末まで提供されます。
関東以外の地域のイベントを扱うのはTokyo Art Beatとしても初めての試み。夏休みに合わせて、ぜひ全国の個性的な美術館へ足を運んでみてください!!

Chikako Yamamoto

Chikako Yamamoto. ブラジル生まれのスペイン育ち。バルセロナでは現地の現代美術家コミュニティとのかかわりの中で育ち、帰国後、アートや美術館が身近な存在でないことにカルチャーショックを受ける。大学卒業後は一般企業に就職。紆余曲折を経て、2011年2月よりTokyo Art Beatに加わる。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use