美術館の割引アプリ「ミューぽん」が、夏休み限定で全国に拡大。先行掲載イベントをご紹介!

夏休みの計画はどうしよう?夏ミューぽんの季節が、今年もやってくる!

In TABからのお知らせ by Chikako Yamamoto 2014-07-01

もうすぐ夏休みがやってきますね!
Tokyo Art Beatによる美術館・アートイベントの割引アプリ、「ミューぽん」。東京都内を中心に、関東圏の展覧会やアートイベントの割引を受けられる人気のアプリです。今年はAndroid版も登場しました。そんな「ミューぽん」が、夏休み期間限定で、掲載地域を全国各地に拡大します。

毎年ミューぽんを使っていただいているユーザーの皆様にはもうおなじみ!?いつしか「夏ミューぽん」という愛称で呼ばれるようになったこの企画は、今年が3回目。7/1(火)から先行して掲載をスタートし、夏休みが始まる7/19(土)に合わせて、本格的に「夏ミューぽん」参加イベントが追加されていきます。ミューぽんの割引は一部をのぞき学割併用もできるので、学生の皆さんも要チェックです!今回は、先行掲載の中から気になるイベントをちょっぴり紹介。今年の夏の予定に入れてみては?

青森県立美術館「美少女の美術史」7/12〜9/7

青森県からは、青森県立美術館十和田市現代美術館が参加!

青森県立美術館で7/12から始まる「美少女の美術史」は、ミューぽんで嬉しい2名まで一般300円割引、学生は200円割引♪タイトルを見ただけでもとっても気になる展示です。喜多川歌麿など江戸時代の美人図から、「ひみつのアッコちゃん」や「魔法の天使クリィミーマミ」など漫画やアニメ、そしてタカノ綾や谷口真人ら現代アーティストの作品まで、美少女の美術史をたどります。

青森県立美術館といえば、「三内丸山縄文遺跡」の発掘現場から着想を得たという青木淳設計の真っ白な建物や、シンボルマークやフォントなど菊地敦己によるVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)、ミナ ペルホネンが手がけた制服など細部へのこだわりも魅力。ゆっくり時間をとって訪れたいですね。

ART OSAKA 2014 7/12〜7/13

TABの姉妹サイトKansai Art Beatの協力を得て、関西地域からは大阪のアートフェア「ART OSAKA 2014」が登場!ミューぽんで2名まで300円割引♪

ホテルのワンフロアを貸し切って開催される関西随一のアートフェアは、7月12日、13日の2日間にわたって開催。客室での展示ならではの距離感で、作家やギャラリストと話をして作品を購入できます。TABユーザーも必見の現代美術のみに絞ったアートフェア、詳しくはこちらの記事で。

関西からはこのほか、兵庫県の伊丹市立美術館がすでに参加しています。関西でのアート巡りには、Kansai Art Beatアプリも必携。ぜひあわせて活用してくださいね!

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館「拡張するファッション」展 開催中〜9/23

夏ミューぽんで毎年人気の、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館。夏休み期間中は水戸芸術館現代美術センターより巡回の「拡張するファッション」展を開催しています。ミューぽんで2名まで一般も学生も20%割引♪水戸での展示を見た人も、見逃した人もぜひ。ホンマタカシのサテライト展示にも注目です!

夏休みのアートめぐりは、ご当地の楽しみも味わい尽くしたいですね。丸亀市猪熊弦一郎現代美術館すぐ前の駅前広場では、観光協会によるレンタサイクルを借りることができ、丸亀城など市内観光も楽しめます。時間があれば丸亀うちわの製作体験もおすすめ。丸亀名物・骨付鳥はビールと相性抜群のB級グルメですよ。

「夏ミューぽん」では夏休みに向けて、アートファン注目のイベントが続々と追加される予定です。掲載予定のイベントの中には、霧島アートの森「会田誠展 世界遺産への道!! 会いにいけるアーティストAMK48歳」や、兵庫県立美術館で開催される、手で触って鑑賞できる小企画「横山裕一 これがそれだがふれてみよ」、子どもたちが田口コレクションから展示作品を選んだ松本市美術館「たぐ展☆TAG-TEN」なども。ほかにも、楽しみな展覧会が盛りだくさんです。

さらに、今年の夏ミューぽんは9月以降まで期間も拡大…!?続報をお楽しみに!!

最新情報は「ミューぽん」のTwitterアカウントにて発信中。
@mupon_app

割引アプリ「ミューぽん」のダウンロードはこちらから。

badge_ios

GooglePlay

Chikako Yamamoto

Chikako Yamamoto. ブラジル生まれのスペイン育ち。バルセロナでは現地の現代美術家コミュニティとのかかわりの中で育ち、帰国後、アートや美術館が身近な存在でないことにカルチャーショックを受ける。大学卒業後は一般企業に就職。紆余曲折を経て、2011年2月よりTokyo Art Beatに加わる。 ≫ 他の記事

コメント

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use