Martina Gahn

マルティナ・ガン

ニューヨーク州、ロングアイランド出身のマルティナ・ガーンは2002年に東京と愛憎の絡み合った付き合いを始めた。時にはカクテルを作り、時には英語を教えながら他人の饒舌を編集し、最近では電車の痴漢について本を書いている。音韻交替、靴、ジル・ドゥルーズとWeezerを好み、暇な時間には愛犬パグの「ヒル」と「ロー」を連れて東京のビジネス街を歩く。アートなものは全て愛し(古代ギリシャ美術からヘッジファンドコレクションまで)、アート産業のセックスと嘘とユーチューブ・リンクの先にあるものを伝えたいと思っている。

記事の一覧

東京のアートシーンで何が起きているか、ニュース、レビュー、インタビューなど日英バイリンガルでライターの声を通じてお届けしています

Instagram

人気記事

TABlogのそれぞれの記事は著者個人の文責によるものであり、その雇用主、Tokyo Art Beat、NPO法人GADAGOの見解、意向を示すものではありません。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use