山形美術館

当時の山形新聞・山形放送社長服部敬雄が中心となって財団法人を設立し 、1964年8月に開館しました。山形における美術館建設は、終戦直後の山形県美術家協会発足以来の念願であり、用地や組織について検討を重ねた結果、民間主導で県と市が全面的に協力する財団法人による運営となりました。「公立美術館より一段と幅広い県民の美術館」という理念のもと、開館を迎えることができたのです。

1968年には別館を開設。その後開館20周年記念事業として新館建設着工、地域性と近代様式をマッチさせた多層民家風の3階建て新館が1985年8月10日オープンしました。翌年10月には別館を改修。延べ床面積6,400平方メートル、8つの展示室(2,100平方メートル)を有する現在の姿となりました。

以来、日本および東洋美術、郷土関係美術に新たにフランス美術を加えた3つの柱を中心に調査・研究ならびに作品収集にあたり、収蔵品と常設展示の充実を図っています。また、さまざまな分野の企画展、巡回展、個人や団体による展示施設貸与事業などを開催実施。山形県の美術文化振興と県民の生涯学習の一翼を担うべく開かれた美術館活動を行っています。2011年4月に公益財団法人に移行、2014年には開館50周年を迎え、ますます美術館としての役割が期待されています。
施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttp://www.yamagata-art-museum.or.jp/
開館時間
10:0017:00
(入館は16:30まで)
月曜休館
(祝日の場合は翌日)
年末年始休館、展示替えなど臨時休館
入場料一般 800円〜、大学生・高校生 400円〜、中学生・小学生 200円〜、企画展により異なる
住所

住所: 〒990-0046 山形県山形市大手町1-63

電話023-622-3090

ファックス023-622-3145

JR山形線・左沢線・仙山線山形駅東口より徒歩15分、JR山形駅東口よりバス(「天童」または「山寺」行き)「美術館前」下車徒歩3分