高松市美術館

2016年春、高松市美術館は約1年間の改修工事を経て、リニューアルオープンしました。
中央商店街に隣接する美術館は利便性がよく、現代的なスタイルと落ち着いた雰囲気を持つアートスポットであり、市民のみなさんが行き交い集う「ひろば」でもあります。
「戦後日本の現代美術」「20世紀以降の世界の美術(版画)」「香川の美術(工芸)」を軸として系統的に収集してきた当館所蔵の美術作品は1,700点あまり。国内外での評価も高く、中でも質・量ともに日本屈指となった現代美術のコレクションは、瀬戸内国際芸術祭など芸術の風に沸き立つ創造都市高松において文化的なプラットフォームを成す、誇るべき生きたアート・アーカイブといえるでしょう。
多様性に満ちたアートを紹介し新しい取り組みに積極的な高松市美術館ですが、振り返れば豊かな歴史をもっています。戦後間もない1949(昭和24)年、名勝栗林公園内に地方の公立美術館として全国に先駆けて誕生したのが当館であり、瀬戸大橋が開通した1988(昭和63)年に、現在の市内中心街へ移転新築しました。
そして2016年、再び生まれ変わった美術館は、先人たちの文化芸術への思いを大切に、今後も市民のみなさんと一緒になって時代とともに成長を続けます。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttps://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/
開館時間
09:3017:00
特別展開催期間中の金曜日・土曜日は19:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌平日休館
年末年始休館
入場料[コレクション展] 一般 200円、大学生 150円、高校生以下・65歳以上 無料、特別展は内容により異なる
住所

住所: 〒760-0027 香川県高松市紺屋町10-4

電話087-823-1711

ファックス087-851-7250

琴電琴平線・長尾線片原町駅より徒歩10分、JR予讃線・高徳線・瀬戸大橋線高松駅南口より徒歩15分

AD