三井記念美術館は、江戸時代以来約350年におよぶ三井家の歴史のなかで収集された、日本・東洋の美術品を収蔵している美術館です。2005年10月に、三井文庫別館(東京都中野区)が三井家及び三井グループに縁の深い日本橋に移転して開設されました。三井記念美術館が設置されている三井本館は、昭和初期の日本を代表する重厚な洋風建築として、国の重要文化財に指定されています。
所蔵する美術工芸品は、現在約4000点、切手類が約13万点に及んでおり、このうち国宝が6点、重要文化財が75点(本館所管1点を含む)、重要美術品が4点を数えます。美術工芸品は茶道具を中心に、絵画、書誌、刀剣、能面、能装束、調度品など多岐にわたり、おもに三井家十一家のうち北家(惣領家)、新町家、室町家、伊皿子家、本村町家から寄贈されたものです。また、切手類は南家からの寄贈品と、三井家以外ですが、元ダイセル社長の昌谷忠コレクションがあります。このほか、三井家同族の浅野氏から雛人形を、三井家と婚姻関係にある鷹司家から刀剣類の寄贈を受けています。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttps://www.mitsui-museum.jp/
開館時間
10:0017:00
月曜休館
入場料一般 1000円、大学生・高校生 500円、中学生以下 無料 [特別展] 一般 1300円、大学生・高校生 800円、中学生以下 無料
住所

住所: 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F

電話050-5541-8600

東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅A7出口より徒歩3分、東京メトロ銀座線・東西線・都営浅草線日本橋駅B11出口より徒歩4分、JR東京駅日本橋口より徒歩7分

AD