川崎市岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館は、岡本太郎の活動の足跡をたどり、その芸術性と思想を広く伝えるための美術館として誕生しました。
生田緑地の豊かな自然と芸術の融合、そして市内で最も広い緑 地に岡本太郎をはじめとする様々な芸術作品を五感で楽しむことができる「体験型美術館」というコンセプトに基づき、四季折々の自然と岡本太郎の創作のエネルギーを感じることができます。
美術館の展覧会事業としては、年間を通じ、「岡本太郎と一平・かの子の芸術」を紹介する常設展、岡本太郎芸術の「より深い顕彰」「周辺作家や時代との関係性」「芸術と社会の関わり」をテーマとした企画展、次世代を担う作家の発掘を目的とする公募展「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」を開催しています。
この他、作品の保存・収集と資料アーカイブ等の調査研究事業、こどもから大人まで芸術に親しんでもらうことを目的とした教育普及事業、様々なメディアを用いた国内外への岡本芸術の情報発信 などを行っています。
また、生田緑地周辺は「川崎市立日本民家園」「かわさき宙(そら)と緑の科学館」「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」を有し、 川崎の自然・文化ゾーンとして市民に親しまれています。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttp://www.taromuseum.jp/
コレクション岡本太郎
開館時間
09:3017:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館
入場料お問い合わせください。イベントによって異なります。
住所

住所: 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5

電話044-900-9898

ファックス044-900-9966

小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩17分、向ヶ丘遊園駅南口よりバス「生田緑地入口」下車徒歩8分、JR南武線武蔵溝ノ口駅または東急田園都市線・大井町線溝の口駅北口よりバス(向ヶ丘遊園駅南口行き)「生田緑地入口」下車徒歩8分

AD

AD