安曇野ちひろ美術館

[画像: 安曇野ちひろ美術館 外観]

安曇野ちひろ美術館は、1997年、ちひろ美術館・東京の開館20周年を記念して開館しました。

安曇野は、信州出身の両親を持つちひろにとって、幼いころから親しんだ心のふるさとでした。なかでも、美術館のある松川村は、戦後、両親が開拓農民として暮らした土地で、ちひろは折りにふれてこの地を訪れ、多くのスケッチも残しています。 安曇野の自然にとけこむような建物は、内藤廣の設計によるもの。周囲には北アルプスを望む53,500㎡の安曇野ちひろ公園(松川村営)が広がり、清流、乳川(ちがわ)が脇を流れています。公園内には、農業体験や郷土食づくりができる体験交流館や、いわさきちひろの絵で愛されている『窓ぎわのトットちゃん』(ちひろ美術館館長 黒柳徹子・著)にちなんだ「トットちゃん広場」が作られ、「電車の教室」の再現が設置されています。

安曇野ちひろ美術館は、ちひろの作品や人生に出会う場所であるとともに、世界の絵本画家の作品にも出会える美術館です。子どもから大人まで、日常を忘れ、一日ゆっくり過ごすことができます。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttps://chihiro.jp/azumino/
開館時間
10:0017:00
3月は16:00まで
水曜休館
水曜日が祝日の場合は開館し翌日休館
冬期休館
入場料一般 900円、大学生・65歳以上 700円、高校生以下・障害者手帳提示と付き添い1名 無料
住所

住所: 〒399-8501 長野県北安曇郡松川村西原3358-24

電話0261-62-0772

ファックス0261-62-0774

JR大糸線信濃松川駅よりタクシー5分

AD