ニューオータニ美術館

ニューオータニ美術館は、1991年2月、都市ホテル機能と高度情報ビルが融合した21世紀型国際ホテルをめざしたインテリジェントビル、ガーデンコートの建設を機会に、文化的機能の充実と社会還元を目的とし、同ビル6階(ロビィ階)に開館いたしました。

ホテルニューオータニの創業は、東京オリンピック開催の1964年にさかのぼります。以来、創業者大谷米太郎(1881-1968)、初代館長大谷米一(1916-1995)の二代にわたる夢であった美術館開設がここに実現したのです。

各地のホテルニューオータニには、優れた絵画作品がその場の雰囲気を一変させるという考えから、初代館長が画家にその場にふさわしい作品の制作を直接依頼し、描かれたものが展示されています。当館の収蔵作品は、これをきっかけに収集した内外の画家たちの作品の他に、フランスおよび日本の近現代作家、創業者大谷米太郎が収集した肉筆浮世絵の数々です。ホテル事業が単なる宿泊施設にとどまらず、総合文化を提供する一つの街づくりであるという信念が美術館運営の基本になっております。

当館は、迎賓館を間近に控え、都心の喧騒をよそに広大な日本庭園を背景とした日本有数の美しい環境の中、より豊かなくつろぎと憩いの時をお楽しみいただけるよう今後も運営してまいります。
閉館したか、もしくはTokyo Art Beatに掲載するようなイベント・展覧会が現在行われていないスペースです。このスペースに関する新たな情報などをお持ちの方はこちらまでお知らせください。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttp://www.newotani.co.jp/group/museum/
開館時間
10:0018:00
月曜休館
月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館。展示替期間中休館。
入場料一般500円、小中学生200円(特別展は別料金)、宿泊客無料
住所

住所: 〒102-8578 東京都千代田区 紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート6F(ロビィ階)

電話03-3221-4111

ファックス03-3221-2988

銀座線・丸の内線「赤坂見附」駅D出口より徒歩約4分

AD

AD