静嘉堂文庫美術館

静嘉堂は、岩崎彌之助(1851〜1908 三菱第二代社長)と小彌太(1879〜1945 三菱第四代社長)の父子二代によって設立され、国宝7点、重要文化財83点を含むおよそ20万冊の古典籍と5000点の東洋古美術品を収蔵しています。静嘉堂の名称は中国の古典『詩経』の句から採った彌之助の堂号で、祖先の霊前に供える供物が立派に整うとの意味です。
1977年より静嘉堂文庫展示館で美術品の一般公開を行ってきましたが、静嘉堂創設百周年に際して新館が建設され、1992年4月、静嘉堂文庫美術館が開館しました。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttp://www.seikado.or.jp/
開館時間
10:0016:30
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
入場料一般 1000円、大学生・高校生・障害者手帳提示と付き添い1名 700円、中学生以下 無料
住所

住所: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館1F

電話050-5541-8600 (ハローダイヤル)

東京メトロ千代田線二重橋前駅1番出口より徒歩1分、都営三田線・東京メトロ千代田線・日比谷線日比谷駅B7出口より徒歩1分、JR東京駅6番出口(京葉線)より徒歩1分

AD