土門拳記念館

山形県酒田市出身の写真家・土門拳の作品約13万点を収蔵する、日本初の写真専門美術館として1983年に開館しました。代表作「古寺巡礼」シリーズをはじめ、『風貌』『ヒロシマ』『筑豊のこどもたち』など、昭和という激動の時代を克明に写し出したドキュメンタリー写真群や、日本の美と心を追求した不朽の名作たちを、さまざまな切り口で紹介しています。気迫に満ちた写真作品のみならず、周囲の自然環境との調和が美しい谷口吉生氏による建築や、イサム・ノグチ氏作の彫刻作品《土門さん》、亀倉雄策氏がデザインした銘板、勅使河原宏氏が手がけた庭園など、土門と縁のあるアーティストたちの作品の数々が館を彩っています。2009年にはミシュラン・グリーンガイド・ジャポンに二つ星として掲載されました。なお記念館が建つ飯森山公園では、毎年4月下旬頃に八重桜が、6月下旬~7月初旬頃にはアジサイやアヤメが見ごろとなります。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttp://www.domonken-kinenkan.jp/
開館時間
9:0017:00
12月から3月は月曜日休館
年末年始休館
入場料一般 700円、高校生 350円、中学生・小学生 無料 [特別展] 一般 900円、高校生 450円、中学生・小学生 無料
住所

住所: 〒998-0055 山形県酒田市飯森山2-13

電話0234-31-0028

ファックス0234-31-0027

JR羽越本線酒田駅よりタクシー10分

AD