倉敷市立美術館

倉敷市立美術館は、もともと市庁舎本館として建築家・丹下健三氏の設計により1960(昭和35)年に建てられました。その後、新市庁舎建設にともない、また、郷土出身の日本画家・池田遙邨氏から倉敷市への作品寄贈が契機となり、旧市庁舎の再利用法として、美術館設立の構想がだされました。
そして、1983(昭和58)年、倉敷市立中央図書館、倉敷市立自然史博物館とともに3館同時に開館し、文化施設ゾーンを形成しています。

AD

施設

Shop

Parking

Cafe

Library

Disabled access

ホームページhttps://www.city.kurashiki.okayama.jp/kcam/
コレクション草間彌生、坂田一男、岡崎和郎、大野昭和斎、猪熊弦一郎、満谷国四郎
開館時間
09:0017:15
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館
年末年始休館
入場料一般 210円、大学生・高校生 100円、中学生・小学生 50円、65歳以上・障害者手帳提示と付き添い1名 無料、倉敷市内の小学生・中学生 無料、特別展はイベントにより異なる
住所

住所: 〒710-0046 岡山県倉敷市中央2-6-1

電話086-425-6034

ファックス086-425-6036

JR山陽本線・伯備線倉敷駅南口より徒歩12分

AD